2000psのトヨタ スープラ、ドラッグレースで新記録[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

トヨタスープラ改造のドラッグレースマシン
  • トヨタスープラ改造のドラッグレースマシン
トヨタ自動車が、かつて販売していたスポーツカー、『スープラ』。その改造ドラッグレースマシンが、スープラの0-400m加速タイムの新記録を更新したことが分かった。

これは米国フロリダ州に本拠を置くTitan モータースポーツが開発し、中東バーレーンのEK Kanooレーシングに納車した1台。チューニングの詳細な内容は公表されていないが、スープラオリジナルの2JZ型直列6気筒エンジンのブロックは、そのまま使用。それでいて、最大出力は2000ps以上を引き出すという。

このスープラが2013年3月、6秒23の0-400m加速タイムを計測。2013年11月には、これをさらに短縮する6秒15で駆け抜けた。そして、今回、中東バーレーンにおいて、この記録をさらに塗り替える6秒05のタイムを計測。なお、この時の速度は387km/hで、前回の370.61km/h、前々回の366.57km/hを上回っている。

スープラの改造ドラッグレースマシンの圧倒的加速性能は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

    【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  2. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

    【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  3. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

    【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  4. 【第100回 INDY500】新人ロッシ優勝…ホンダ勢の今季シリーズ戦初勝利が最大舞台で実現

  5. 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成

  6. 【ニュル24時間2016】最終ラップで劇的な逆転、ブラックファルコンのメルセデスAMGが優勝

  7. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  8. 【スーパー耐久 第3戦】新型シビック タイプR、マーシャルカーとして登場

  9. 【新聞ウォッチ】マツダ、ハンドルのふらつきを自動調整する新技術に注目

  10. 【ニュル24時間 2016】初参戦のレクサスRC F、総合24位

アクセスランキングをもっと見る