【ヤマハ YZF-R25 発売】毎日乗れるがコンセプト、日頃のシーンで“イージースポーツ”

モーターサイクル 新型車

ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ発動機 SP開発部 西田豊士 部長
ヤマハ発動機は、新型250ccスポーツバイク『YZF-R25』を12月15日から発売する。価格は55万6200円。YZF-R25は、2013年の東京モーターショーでワールドプレミアされたコンセプトモデルの市販版。250ccクラス最高レベルのエンジン出力(36ps)を誇り、“毎日乗れるスーパーバイク”がコンセプトである。

ヤマハ発動機のSP(スポーツ)開発部の西田豊士部長は、YZF-R25について「ギリギリを攻める場面ではなく、もっとイージーに、日頃のライディングで歓びを感じ取れるモデル」と語る。

またヤマハの“R”シリーズ(『YZF-R1』をはじめとしたスポーツモデル)全体のコンセプトとして「技を磨いてライバルに打ち勝つ、その歓びをユーザーが感じ取れるモデル群だ。YZF-R25には、この考えとともに、“毎日乗れる”というエキサイトメントが存在する」と説明した。

西田氏は、ヤマハ発動機の“ものづくり”についても言及。「弊社はモノだけではなく、価値をも提供するメーカーだ。今後もその考えを貫き、カスタマーが実際に“モノ”から味わえる“価値”を作り続けていきたい」(西田氏)と述べた。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

    川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

  2. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  3. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  4. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  5. BSスカパー!カスタム番組、バイきんぐ 小峠英二と愛車トライアンフ登場

  6. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  7. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  8. カワサキ、国内二輪販売網を再編…専売店を6店舗から120店舗ヘ拡大

  9. カワサキ Ninja H2R、斬新かつ機能的デザインで「発明賞」

  10. 二輪車ETC車載器、助成1万5000円、26日開始...NEXCO3社

アクセスランキングをもっと見る