【ヤマハ YZF-R25 発売】毎日乗れるがコンセプト、日頃のシーンで“イージースポーツ”

モーターサイクル 新型車

ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ YZF-R25
  • ヤマハ発動機 SP開発部 西田豊士 部長
ヤマハ発動機は、新型250ccスポーツバイク『YZF-R25』を12月15日から発売する。価格は55万6200円。YZF-R25は、2013年の東京モーターショーでワールドプレミアされたコンセプトモデルの市販版。250ccクラス最高レベルのエンジン出力(36ps)を誇り、“毎日乗れるスーパーバイク”がコンセプトである。

ヤマハ発動機のSP(スポーツ)開発部の西田豊士部長は、YZF-R25について「ギリギリを攻める場面ではなく、もっとイージーに、日頃のライディングで歓びを感じ取れるモデル」と語る。

またヤマハの“R”シリーズ(『YZF-R1』をはじめとしたスポーツモデル)全体のコンセプトとして「技を磨いてライバルに打ち勝つ、その歓びをユーザーが感じ取れるモデル群だ。YZF-R25には、この考えとともに、“毎日乗れる”というエキサイトメントが存在する」と説明した。

西田氏は、ヤマハ発動機の“ものづくり”についても言及。「弊社はモノだけではなく、価値をも提供するメーカーだ。今後もその考えを貫き、カスタマーが実際に“モノ”から味わえる“価値”を作り続けていきたい」(西田氏)と述べた。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  2. KTM、ストリートユーザー向けファンイベントを筑波で開催…7月17日

    KTM、ストリートユーザー向けファンイベントを筑波で開催…7月17日

  3. カスタマーにワオ!届けたい…本邦初公開のハーレー ロードスター で“熱い夜”を体験

    カスタマーにワオ!届けたい…本邦初公開のハーレー ロードスター で“熱い夜”を体験

  4. ラビットヘッドをあしらった「プレイボーイ」コラボメット発売

  5. 富士山麓がハーレーで埋め尽くされた1日…ブルースカイヘブン

  6. 「ハーレーは“イケてる女”」UFCファイターの石原“夜叉坊”暉仁&スワンソン選手、新型発表会に乱入!?

  7. ヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」、ついにロッシとご対面[動画]

  8. 【ミラノショー15】ドゥカティに「アンダー400」登場、スクランブラー Sixty2

  9. ホンダ PCXシリーズに特別カラーのスペシャルエディション…受注期間限定で発売

  10. 【ホンダ CB1100EX 試乗】見た目、走りとも飽きずに長く付き合える…青木タカオ

アクセスランキングをもっと見る