人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

「間違いだらけの…」で一世風靡、徳大寺有恒氏が死去

自動車 ビジネス

徳大寺有恒氏(『2011年版間違えだらけのクルマ選び』が発売された際の記者会見)
  • 徳大寺有恒氏(『2011年版間違えだらけのクルマ選び』が発売された際の記者会見)
  • 徳大寺有恒氏(『2011年版間違えだらけのクルマ選び』が発売された際の記者会見)
  • 2014年版「間違いだらけのクルマ選び」
自動車ジャーナリストの徳大寺有恒氏が11月7日、死去した。享年74歳。

大学卒業後しばらくはレーシングドライバーとして活動、その後自動車評論家に転身、ペンネームの徳大寺有恒を名乗る。1976年より『間違いだらけのクルマ選び』(草思社)を発行、各社の新車を一刀両断する歯に衣着せぬ評論が受け、80年代から90年代にかけてベストセラーとなる。

その後も執筆・評論活動を精力的におこない、『NAVI』(二玄社)の「エンスーヒストリックカーツアー」「NAVI TALK」、『ベストカー』(講談社BC)の「俺と疾れ」などの名物連載を持ったほか、文化論や社会論と自動車を絡めた視点でファッション誌などへの登場機会も多かった。

『間違いだらけのクルマ選び』は、筆者の急病のため2005年夏から刊行がなくなったが、その後2011年よりモータージャーナリストの島下泰久氏との共著という形で復刊、2014年版まで発行されている。

小林彰太郎氏、川上完氏、そして徳大寺有恒氏と2013年から今年にかけて日本の自動車産業の成長期から活動してきた自動車ジャーナリストの死去が相次いでいる。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  2. JR名古屋駅南に400台収容の立体駐車場---極東開発が建設

    JR名古屋駅南に400台収容の立体駐車場---極東開発が建設

  3. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

    【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  4. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  5. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  6. 日産、グローバル生産・販売ともに過去最高を更新 2016年上半期実績

  7. トヨタ、国内販売が4か月連続のプラス 6月実績

  8. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  9. 400Gの加速度を多点計測できるシステム---ZMPが発売

  10. 日産 セントラ、米国でリコール…エンジン停止のおそれ

アクセスランキングをもっと見る