マツダ デミオ 新型でドライビングを学ぶ…12月13日NATSで開催

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with MAZDA
  • Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with MAZDA
  • COTY受賞の新型デミオ体験試乗も魅力の一つ
  • プロドライバーから具体的なアドバイスを受けられる
  • 太田哲也校長
  • 講師の運転を間近に見学できる同乗走行付き
元レーシングドライバーでモータージャーナリストの太田哲也氏が校長を務める「injured ZEROプロジェクト Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with MAZDA」が12月13日、NATS(日本自動車大学校)で開催される。

同イベントはサーキットを使って行うセーフティドライビングスクールで、テーマは「正しい運転を、楽しく学ぶ!!」。単にサーキットを速く走るためのスクールではなく、一般道における死亡・負傷事故ゼロを目指す「injured ZERO」を掲げて、クルマの操作方法を理論と実践で学び、実際に講師の言葉や運転に触れて、日常の安全運転に役立てようというもの。

教習車両には、マツダの協力により、新型『デミオ』『アクセラ』が登場。デミオの体験試乗会や、太田校長を始め、講師陣の運転するアクセラでの同乗走行も開催される予定だ。その他にも講師陣によるランチタイムトークショー(予定)など多くのイベントを設けており、参加するドライバー本人はもちろん家族や友人と一緒の参加でも楽しめる内容になっている。

プログラムは、マツダ最新モデルの同乗走行や試乗会なども盛り込まれつつ、座学により運転の基礎や心構え、クルマの動きなどを学び、午後は実際にサーキットを先導付きで走行する初心者向けの「ベーシックレッスン」、同じく座学を受けサーキットをフリー走行するサーキット経験者向けの「アドバンスレッスン」、そして参加のハードルがぐっと下がるサーキット走行無しの「座学・同乗試乗プラン」の3つのプランを用意。老若男女・運転スキル・車種問わず幅広い層が参加しやすい内容となっている。

参加費用(ランチ付)は、「ベーシックレッスン」が1万7000円、「アドバンスレッスン」が1万9000円、「座学・同乗試乗プラン」が1万円。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品