【JNCC 最終戦】ヤマハ YZ250FXがAAGPで世界初デビュー、表彰台を独占

モーターサイクル 新型車

アッシュバーンの駆るYZ250FX
  • アッシュバーンの駆るYZ250FX
  • アッシュバーンはラジエターをクラッシュしつつもレースを1位でフィニッシュ
  • 試乗会は大盛り上がり
  • 表彰台を独占したライダー達
  • 表彰台を独占したYZ250FX
  • 内山裕太郎の駆るYZ250FX
クロスカントリー専用として開発された話題のニューマシン、ヤマハ『YZ250FX』が、11月2日のJNCC最終戦AAGPにて世界初デビューを果たした。

前日11月1日には、YZ250FXの試乗会も開催。セッティングを変えた3台が乗れることになり、70名以上のライダーがこのYZ250FXに試乗した。「低速からパンチがあるし、乗りやすい。モトクロッサーベースということもあって、軽さもある」「ハンドリングはまさにヤマハモトクロッサーそのもので、軽量」と大好評だった。

当日は、GNCCからゲストライダーとして参戦したジョーダン・アッシュバーン、日本のトップライダーである渡辺学、鈴木健二、そして内山裕太郎の4台がこのYZ250FXをライド。

渡辺学のマシンには、GET社のECUなどを盛り込んで戦闘力をアップ。鈴木健二のマシンは、サスペンションをマイルドな味付けにするなど、このデビュー戦で各々のマシンがモディファイされていた。

レースはアッシュバーンが1位、2位に渡辺、3位が鈴木、4位に内山。表彰台だけでなく4位まですべて新型のマシンで埋め尽くし、AAGPをジャックした。特に、アッシュバーンのマシンはラジエターをクラッシュで故障しており、フィニッシュ時にはクーラントが無かったが、異音無く走り続けタフさも証明。センセーショナルな世界デビューとなった。
《稲垣 正倫》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

    ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  2. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…Team KAGAYAMAは浦本が絶好調

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…Team KAGAYAMAは浦本が絶好調

  3. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  4. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…F.C.C. TSR Hondaは世界耐久タイトルねらう

  5. 中学生のマイナー競技にもスポットライトを...馳浩文科相

  6. カワサキ Ninja H2R、斬新かつ機能的デザインで「発明賞」

  7. 軽二輪車中古車販売台数、3年連続マイナス 2016年上半期

  8. 【バイクの日】秋葉原で車両展示やアニメ「ばくおん!!」ステージ

  9. 限定5万台を実質棚上げ 応募殺到でキャンペーン継続中...二輪車ETC助成

  10. 【夏休み】バイクの遊園地…KTMがオフロードユーザー向けイベント

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら