ホンダ ゴールドウイング 40周年…ホンダが誇るフラッグシップ、歴代モデル一挙公開[写真蔵]

モーターサイクル エンタメ・イベント

ホンダのフラッグシップ、ゴールドウイングが40周年を迎えた
  • ホンダのフラッグシップ、ゴールドウイングが40周年を迎えた
  • ホンダ ゴールドウイングGL1000(1974年)
  • ホンダ ゴールドウイングGL1000(1974年)
  • ホンダ ゴールドウイングGL1000(1974年)
  • ホンダ ゴールドウイングGL1000(1974年)
  • ホンダ ゴールドウイングGL1000(1974年)
  • ホンダ ゴールドウイングGL1000(1974年)
  • ホンダ ゴールドウイングGL1000(1974年)
ホンダモーターサイクルジャパンは10月29日、ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)のホンダコレクションホールにて、発売40周年を迎える『ゴールドウイング』シリーズを一堂に集め、一部プレス向けに公開した。

紅葉に染まるホンダコレクションホールの中庭に並んだのは、1974年に発売された初代「GL1000」をはじめ、1982年の「GL1100」、アスペンケードの名称を持つ1986年の「GL1200」、さらに水平対向6気筒エンジンとなった1988年の「GL1500」や2001年の「GL1800」といった歴代モデルたち。そこに2011年にフルモデルチェンジを果たした現行型も加わり、ホンダ二輪車ラインナップの最高峰モデル、その変遷を目の当たりにすることができた。

圧倒的な存在感で、快適な走りを楽しめる最新式の「ゴールドウイング」「ゴールドウイング<エアバッグ・ナビ>」は、静粛性や環境性能に優れた水平対向6気筒1800ccエンジンを搭載。エアロダイナミクスを追求したカウル類や、収納性に優れたリアトランクとサドルバッグなどによって、長距離ツーリングを快適に楽しむことができる。

そして北米仕様には、ゴールドウイングの40周年を記念したアニバーサリーモデル「GLX 1800 Goldwing 40th Anniversary Edition」が登場。我々日本のバイクファンとしては、その国内仕様の登場も待ち遠しいところ。発売されるか否かは現段階では不明だが、日本上陸を期待したい。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

    ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  2. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…Team KAGAYAMAは浦本が絶好調

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…Team KAGAYAMAは浦本が絶好調

  3. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…F.C.C. TSR Hondaは世界耐久タイトルねらう

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…F.C.C. TSR Hondaは世界耐久タイトルねらう

  4. 中学生のマイナー競技にもスポットライトを...馳浩文科相

  5. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  6. カワサキ Ninja H2R、斬新かつ機能的デザインで「発明賞」

  7. 軽二輪車中古車販売台数、3年連続マイナス 2016年上半期

  8. 初期型『CBR600RR』のベーシックメンテ…『モトメンテナンス』8月号

  9. ホンダ CB1300シリーズ にも”漆塗り”イメージの限定カラー

  10. 限定5万台を実質棚上げ 応募殺到でキャンペーン継続中...二輪車ETC助成

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら