【MINI ハッチバック 5ドア 試乗】ドア+2枚の価値と実用性の高さ…島崎七生人

試乗記 輸入車

MINI クーパー5ドア
  • MINI クーパー5ドア
  • MINI クーパー5ドア
  • MINI クーパー5ドア
  • MINI クーパー5ドア
  • MINI クーパー5ドア
  • MINI クーパー5ドア
  • MINI クーパー5ドア
3ドアに対しホイールベース+70mm、リヤオーバーハング+95mmそれぞれ延長、4mちょうどの全長となった『ミニ』クーパー5ドア。リヤウインドはより寝かされ、ルーフが伸び過ぎないように(それはクラブマンの領分?)バランスをとっている。

ピラーが増えたのは当然だがドアはサッシ付きだから、窓まわりのディテールが幾分か煩雑になった感は否めない。が、クロスオーバーなどと同様、やがて見慣れるのだろう。

対して小さくないか?と思えた後席用ドアは、乗降には必要にして十分で、開口部に対しやや後方にシートが配置されているため、乗り込めば十分なスペース。それがわかると、+2枚のドアの価値と定員5名の実用性の高さを実感する。試乗車のシート表皮はオプションのチェック柄をあしらったもので、明るく爽やかな雰囲気に好感がもてた。

ラゲッジスペースは3ドア+67リットルの278リットルの容量。床板を深く落とし込んで使うこともでき、嵩張る荷物の積み込みも容易そうだ。

クーパーは3気筒の1.5リットルツインパワーターボ(136ps/220Nm)と6速ATの組み合わせだが、力強く柔軟なパワーフィールが印象的。試乗車はオプションの17インチタイヤ&ホイール(標準は15インチ)が装着されており、標準状態の乗り味がややわかりにくかったが、クーパーS(オプションの18インチ装着車)に対し、ごく低速での“いなし”の差で、こちらのほうが乗り心地はより良好に感じられた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏

    【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏

  2. 【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

    【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

  3. 【マツダ アクセラ 試乗】「気がつかないけれど、効いている」人馬一体への進化…高山正寛

    【マツダ アクセラ 試乗】「気がつかないけれど、効いている」人馬一体への進化…高山正寛

  4. 【プジョー308 ディーゼル 試乗】スムーズにしてトルクフル、時代にマッチした1.6ディーゼル…諸星陽一

  5. 【レクサス LX 試乗】何とも古くさい乗り心地は価格に見合うのか…松下宏

  6. 【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】 世界最高の先進技術満載は間違いないのだけど…中村孝仁

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一

  8. 【ボルボ V40 試乗】数値にあらわれないブラッシュアップを感じる…中村孝仁

  9. 【ルノー カングー 800km試乗】1.2L+6MT、欠点さえも魅力と思わせる「これぞフランス車」…井元康一郎

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】“ガチガチのスポーティ”とは違う走り…諸星陽一

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら