富士重 吉永社長「スバルが生き残る道は、商品や技術への投資」

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業 吉永泰之 社長
  • 富士重工業 吉永泰之 社長
  • 富士重工業 決算会見
  • 富士重工業 決算会見
  • 富士重工業 決算会見
  • 富士重工業 決算会見
富士重工業は10月31日、主力の北米市場での販売が好調なことから2014年度の業績見通しを上方修正するとともに、試験研究費を当初計画から100億円増額し、840億円を投じることを明らかにした。前年度の比較では4割近い伸びとなる。

吉永泰之社長は「せっかくこれだけの利益がでてきているので、それを何に使うかといえば、商品や技術関係への投資。スバルが生き残る道はそれしかないと思う。リーン燃焼など既存のエンジンの燃費向上を早めていきたい」と、増額の理由を語った。

さらに「海外にあるエンジニアリング会社への委託研究を強めている」ことを明かした上で、「私ども技術本部の人間も増やしているが、外部の力にお願いしてスバルの開発を加速している。もっと早く出すために時間を金で買う」とも話していた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

    【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  4. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  5. オートエクゼ、ラムエアインテークにディーゼルエンジン搭載車用を追加設定

  6. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  7. 軽自動車の世帯当たり普及台数…100世帯に54.3台 2015年末現在

  8. オートエクゼ、スポーツインダクションボックスに新型ロードスター用を設定

  9. 横浜ゴム、ストリートスポーツ ADVAN A052 発売、専用コンパウンドを新規開発

  10. 高速バス100路線フリーパスなど…59社が結束、インバウンド活性化

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら