富士重 吉永社長「スバルが生き残る道は、商品や技術への投資」

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業 吉永泰之 社長
  • 富士重工業 吉永泰之 社長
  • 富士重工業 決算会見
  • 富士重工業 決算会見
  • 富士重工業 決算会見
  • 富士重工業 決算会見
富士重工業は10月31日、主力の北米市場での販売が好調なことから2014年度の業績見通しを上方修正するとともに、試験研究費を当初計画から100億円増額し、840億円を投じることを明らかにした。前年度の比較では4割近い伸びとなる。

吉永泰之社長は「せっかくこれだけの利益がでてきているので、それを何に使うかといえば、商品や技術関係への投資。スバルが生き残る道はそれしかないと思う。リーン燃焼など既存のエンジンの燃費向上を早めていきたい」と、増額の理由を語った。

さらに「海外にあるエンジニアリング会社への委託研究を強めている」ことを明かした上で、「私ども技術本部の人間も増やしているが、外部の力にお願いしてスバルの開発を加速している。もっと早く出すために時間を金で買う」とも話していた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

    ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

  2. 30年間使用された免震ゴム、性能を維持---ブリヂストンが確認

    30年間使用された免震ゴム、性能を維持---ブリヂストンが確認

  3. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

    【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  4. JXホールディングスと東燃ゼネラルが経営統合へ「JXTGホールディングス」

  5. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  6. メルセデスの世界販売、BMWとアウディを抑える 7月

  7. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  8. 三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

  9. ボルボカーズ、400名のエンジニアを採用…過去最大規模

  10. 有珠山SAと八雲PAからの3Dパノラマビューを公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら