無限がなぜ「電動二輪」でマン島TTに挑戦するのか

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

無限(M-TEC)神電 参
  • 無限(M-TEC)神電 参
  • 無限(M-TEC)神電 参
  • 無限(M-TEC)神電 参
  • 無限(M-TEC)神電 参
  • M-TEC 勝間田聡取締役
  • 無限(M-TEC)神電 参
  • 無限(M-TEC)神電 参
  • 無限(M-TEC)神電 参
無限(M-TEC)は、2011年から独自の電動バイク『神電』でマン島TTレースに出場している。無限のレース活動は、SUPER GTやスーパーフォーミュラなど四輪が有名だが、なぜ新たな領域の電動バイクでの活動に踏み切ったのか、M-TECのモータースポーツ事業部部長・勝間田聡取締役に伺った。

「2012年以前から四輪のHVでレースを重ねるなか、将来はEVレースの時代が来るであろうと予測した。そして、そこでリーダーシップを発揮していくためには、今からアクションを起こさなければならない。そのためには、まずは“勉強”。それが始まりだ」(勝間田取締役)。

無限が得意とするのは四輪、しかしなぜそこで二輪という選択肢をとったのか。勝間田取締役は「新規で四輪を作るとなるとどうしてもコストがかさむ。対して二輪はコンパクトであるため最適な素材だと判断した。加えてバッテリーなどの小型化技術を習得できることも大きな要因」と語る。ちなみに神電プロジェクトのメンバーは志願で募ったという。普段はSUPER GTやスーパーフォーミュラでメカニックを担当しているメンバーとのこと。そして勝間田取締役はこう続ける「もともと会社(無限)の成り立ちはモトクロス。私自身もモトクロスが好きでこの会社に入社した。二輪に対しての抵抗感は無く、むしろ適している。メンバーも志願のため、モチベーションが非常に高く、初年度に比べレベルも格段に上がった」。

マン島TTレース参戦車両はマシンに対する制限が少ない。それも利点のひとつと勝間田取締役。「現代のF1などに比べれば、マシンの自由度が高い。基本的な基準さえ満たせば、いろいろな挑戦ができる。これまで3年間で得た技術は十分な程だが、まだまだ勉強したいと思っている」。

無限は今年に引き続き、来年もマン島TTレースに出場する意向だ。勝間田取締役は、これまでの参戦経験で得た電動バイクレースの問題点、そして将来の展望も見えているという。

「一般の人が電動バイクレースに参戦するにあたって、現時点でのネックは“値段”だ。電動バイクは気軽に手を出せる価格ではない」。続けて勝間田取締役は「エントラントを増やすために、無限として、市販のバイクをそのままEVにできるようなコンバージョンキットを開発し、販売したい。参戦コストが減れば、より電動バイクレースが盛り上がるはずだ。無限は今後も、常にチャレンジの姿勢を貫く」と語った。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

    スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

  2. 隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

    隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

  3. 【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロ「8耐での勝利は僕にパワーをくれた、だから今年も勝ちたい」

    【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロ「8耐での勝利は僕にパワーをくれた、だから今年も勝ちたい」

  4. 怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

  5. 【新聞ウォッチ】「ポケモンGO」止まない運転中の衝突事故、道交法違反…任天堂株はストップ安

  6. 【夏休み】未来のエンジニアを育成する---29のプログラム

  7. フェラーリ 1/24モデル×全60号…デアゴスティーニから

  8. 【新聞ウォッチ】三菱自、特別委による燃費不正調査結果を8月2日に公表へ

  9. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

  10. 高校生がSUPER GTメカニック体験…黒田雄紀くん「真剣勝負の空気」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら