BMW X5 の中国製コピー車、怒れるオーナーが大胆に破壊[動画]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

初代BMW X5の中国製コピー車、双環汽車のCEOを破壊する映像を公開した独『AUTO BILD』
  • 初代BMW X5の中国製コピー車、双環汽車のCEOを破壊する映像を公開した独『AUTO BILD』
ドイツの高級車メーカー、BMWのSUV、『X5』。その初代モデルのコピー車として知られる、中国の双環汽車製『CEO』を、大胆に破壊する映像がネット上で公開されている。

この映像は10月14日、ドイツの有力自動車メディア、『AUTO BILD』が公式サイトを通じて配信したもの。同メディアは、「中国製の偽物X5は、世界で最悪の車。我々は、最高の壮大なやり方で、このCEOを処分する方法を考え出した」として、映像を公開している。

CEOは、欧州で一時期、販売されていた。しかし、BMWが起こした訴訟でBMWが勝訴し、CEOの欧州での販売は差し止めに。今回、同メディアに登場するのは、欧州に上陸済みのCEOの1台で、ドイツ人ジャーナリストのWolfgang Blaube氏が保有していたもの。

同氏によると、保有するCEOは10万kmを走行。ところが、車体の至るところが錆で腐食するなど、本家のBMW X5には程遠い品質と耐久性の低さに、怒りを覚えたという。

そして、同氏の怒りに賛同した『AUTO BILD』とともに、CEOに別れを告げるべく、大胆な方法で破壊している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【サーキット美人2016】スーパーフォーミュラ編『にゃんこ大戦争ガールズ』

    【サーキット美人2016】スーパーフォーミュラ編『にゃんこ大戦争ガールズ』

  2. 【SUPER GT 第4戦】大嶋和也&カルダレッリ組レクサスが予選首位…脇阪寿一監督は初ポール

    【SUPER GT 第4戦】大嶋和也&カルダレッリ組レクサスが予選首位…脇阪寿一監督は初ポール

  3. 【SUPER GT 第4戦】菅生に行けば確実に捕まえられる!

    【SUPER GT 第4戦】菅生に行けば確実に捕まえられる!

  4. “日本郵便 Honda 熊本レーシング”始動…手島雄介選手「走れることに感謝」

  5. 美しすぎるレーシングドライバー、塚本奈々美さんが日テレ「Going!」に登場

  6. 銀河最強は18歳のハチロク使い…アーケード版『頭文字D』全国大会を開催

  7. 【サーキット美人2015】SUPER GT 編44『ENEOS GIRLS 2015』

  8. 【オートモビルカウンシル】日産、日本グランプリ優勝車などプリンス車3台を出展

  9. 【サーキット美人2015】SUPER GT 編45『フォーラムエンジニアリング ギャル』

  10. 【EVEX14】元スバルの技術者がつくった8輪車EVバス、時速19kmで走行

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら