個室型シートでファーストクラスを演出...西鉄高速バス新「はかた号」

自動車 ビジネス 企業動向

新はかた号のプレミアムシートは、通路とシートをパーテーション区切り、落ち着きのあるプライベート空間を作る。
  • 新はかた号のプレミアムシートは、通路とシートをパーテーション区切り、落ち着きのあるプライベート空間を作る。
  • 新「はかた号」 ビジネスシートの3列独立シート。
  • 新「はかた号」のプレミアムシート。電動レッグシート、背面マッサージ、背面ヒーター、座面送風を備えた多機能シートだ。
西日本鉄道が運行する国内屈指の長距離高速バス「はかた号」に新型車両が導入される。同社初の個室型シートの採用で、これまでのバス旅にないプライベート空間を実現した。

新しく同社が東京~博多線でめざすのは、さらなる快適性を向上だ。全24席のワンフロアー。運転席寄りの前4席は、個室型のプレミアムシートに生まれ変わった。シートは本革製で座面幅50センチ、前後幅135センチあり、航空機のファーストクラスにも劣らないゆとり空間を備えた。シートと通路は、カーテンでなくパーテンションで完全に分離され、車内灯が消えた後も、自分のペースで時間が使えて、より有意義なバスの旅を楽しむことができる。

これまでのプレミアムシートになかった設備も付く。50度傾斜する電動リクライニング・電動レッグシート、背面マッサージを設置。冬は暖かい背面ヒーター、夏は涼しい座面送風の機能、専用の空気清浄機も備え付けになっている。コンセント、USBポート、同シート専用のタブレット端末、電子書籍コンテンツを無料で使える。

プレミアムシートに続くビジネスシートは16席ある。3列独立シートで座面幅は46センチ。前後幅は95センチ。本革とモケットを組み合わせて高級感を演出したシートだ。コンセントやUSBポートの設備もある。

最後尾には女性専用の4列独立ビジネスシート(座面幅46センチ、前後幅95センチ)があり、こちらも3列同様の機能が付いている。

運賃は個室型プレミアムシートが1万7000円~2万円。ビジネスシートが1万2000円~1万5000円(女性ビジネスは1万1千円~1万4000円)。利用時期や曜日で運賃が変動する。

これまでの二階建て「はかた号」にあったエコノミーシートは、新型車両運行とともに廃止になる。運賃は全体で値上がりとなるが、同社は今後も高速バスの力強い成長を見込んでいる。

「高速バスの強さは、寝ている間に移動できること。LCCの安さには勝てないが、都心をドアtoドアで結ぶ便利さで、これまでも80パーセント近い利用率を上げてきた。今後も快適性や乗り心地をさらに追求することで、お客様の支持を高めていけると考えている」(同社広報室)

新はかた号の運行開始は、福岡発が12月18日、東京発は同19日。予約は11月18日から受け付ける。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

    【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  2. VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

    VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

  3. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  4. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  5. ホンダ、世界生産台数が全半期を通じ過去最高を記録 2016年上半期実績

  6. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  7. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  8. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  9. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  10. スズキ、世界生産が3年ぶりのマイナス 2016年上半期実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら