アウディ RS7 のロボットカー、自動運転でサーキットを高速周回へ | レスポンス(Response.jp)

アウディ RS7 のロボットカー、自動運転でサーキットを高速周回へ

自動車 テクノロジー 安全

アウディ RS7 のロボットカー
  • アウディ RS7 のロボットカー
  • アウディ RS7 のロボットカー
  • アウディ RS7 のロボットカー
  • アウディ RS7 のロボットカー
  • アウディ RS7 のロボットカー
  • アウディ RS7 のロボットカー
  • アウディ RS7 のロボットカー
  • アウディ RS7 のロボットカー
ドイツの高級車メーカー、アウディは10月14日、自動運転車の最新プロトタイプ車を使用して行う無人運転での高速デモ走行の詳細を明らかにした。

このデモ走行用に開発されたのが、アウディ『RS7スポーツバック』ベースのテスト車両。10月19日、ドイツ・ホッケンハイム・サーキットで、無人運転による高速デモ走行を行い、サーキットを周回する。

テスト車両には、これまでアウディが開発を続けてきたロボットカーのノウハウを投入。10月19日、ホッケンハイムではDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)の最終戦が開催される予定となっており、レースに先立ち、アウディの優れた技術力をアピールする。

RS7スポーツバックのテスト車両では、サーキットで正確な走行ラインを自動トレースするために、特別に修正されたGPS信号を使用。これらのGPSデータは、無線LANで車両に送られる。

さらに、車両に取り付けられた3Dカメラが捉えた映像を、リアルタイムで車載データと照合。サーキットでの無人走行を可能にした。アウディは、「ホッケンハイムでは最高速240km/hを想定。ラップタイムは2分10秒ぐらいだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品