大宮ソニックシティを痛車が占拠!…第2回アニ玉祭開催

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

第2回アニ玉祭
  • 第2回アニ玉祭
  • 第2回アニ玉祭
  • 第2回アニ玉祭
  • 第2回アニ玉祭
  • 第2回アニ玉祭
  • 第2回アニ玉祭
  • 第2回アニ玉祭
  • 第2回アニ玉祭
アニメと観光をテーマとしたサブカルイベント「アニ玉祭」の第2回が10月11日、12日の2日間にわたって開催された。来場者数は6万3000人。

埼玉と言えばアニメやマンガの舞台、いわゆる“聖地”として使わている作品が数多くある。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」や、「らき☆すた」など痛車のモチーフとしても人気が高い。そんな埼玉ご当地作品が数多く出展された。

アニ玉祭併催企画として行われた痛車ブース「埼玉痛車フェスタ 」は、大宮ソニックシティビル前の広場。大宮駅の目の前に設置され、大勢のギャラリーが興味深く見入っていた。コスプレイベントも併催され、お気に入りのキャラクターになりきったコスプレイヤー達が痛車との記念撮影を楽しんでいた。

また飯能市を舞台にしたアニメ「ヤマノススメ」ラッピングバスも展示された。外装だけではなく、内装やシートまで装飾が施された痛バスは実際に飯能市・日高市内で運行されている。キャラクターと一緒に登山口までの旅を楽しめそうだ。

ファン活動から始まった痛車だが、メーカーも積極的に作成しPR手段の1つとして確立し始めている。ファン、メーカー問わず生み出される数々の痛車はこれからもイベントで活躍してくれそうだ。
《スタジオアール》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

    【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  2. 浅間ヒルクライムに2万人が来場、自動車文化の発展と地域振興めざす

    浅間ヒルクライムに2万人が来場、自動車文化の発展と地域振興めざす

  3. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

    【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  4. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  5. 【新聞ウォッチ】日産の役員報酬、ゴーン社長11億円? 9人の総額は15億3500万円

  6. 【ニュル24時間 2016】クラス2連覇のスバル、パブリックビューイングでも歓喜の輪

  7. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  8. 浅間ヒルクライム2016開催、60年代モデルから最新マクラーレンまで120台が走る…29日まで

  9. 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成

  10. 【ニュル24時間 2016】初参戦のレクサスRC F、総合24位

アクセスランキングをもっと見る