【カーオブザイヤー14】大賞はマツダ デミオ…国産コンパクトが返り咲き

自動車 ビジネス 国内マーケット

10月13日、都内で日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2014-2015の最終選考会・開票式が行われ、マツダ『デミオ』が今年最も優秀なクルマに選ばれた。
  • 10月13日、都内で日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2014-2015の最終選考会・開票式が行われ、マツダ『デミオ』が今年最も優秀なクルマに選ばれた。
  • 10月13日、都内で日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2014-2015の最終選考会・開票式が行われ、マツダ『デミオ』が今年最も優秀なクルマに選ばれた。
  • マツダ デミオ
  • マツダ デミオ
  • マツダ デミオ 新型
  • メルセデスベンツ Cクラス
  • メルセデスベンツ C180 アバンギャルド
  • メルセデスベンツ C180 アバンギャルド
10月13日、都内で日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2014-2015の最終選考会・開票式が行われ、マツダ『デミオ』が今年最も優秀なクルマに選ばれた。

JCOTYでは38台のノミネート車の中から、一次選考で上位10台の「10ベストカー」を選出。その後、最終選考にて自動車評論家、ジャーナリスト、一般有識者からなる60名の日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員の投票により、大賞が決定する。

当初はマツダ デミオ、メルセデスベンツ『Cクラス』、BMW『i3』の争いになると予想されたが、開票序盤からデミオとCクラスが拮抗した闘いを繰り広げる。最後はデミオが逃げ切り、栄冠を手にした。

日本カーオブザイヤー実行委員会から発表の受賞理由は以下の通り。

「国産コンパクトカーの常識を打ち破るデザインとクオリティ、そしてテクノロジーをリーズナブルな価格で実現したこと。低燃費技術を追求するなかで、新しい選択肢として小型クリーンディーゼルを採用する一方、MTモデルをリリースするなど多彩なニーズに配慮している点も好印象で、軽快なフットワークと相まってクルマの楽しさを再認識させてくれた。独自の魅力にあふれ、日本から世界に向けてアピールできる実力を持ったコンパクトカーである。」
《吉田 瑶子》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  2. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  3. 【ホンダ 歩行アシスト 発表】事業採算を確保できるリース価格

    【ホンダ 歩行アシスト 発表】事業採算を確保できるリース価格

  4. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  5. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  6. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  7. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  8. ダイハツ、企業情報サイトを刷新…スマホにも対応

  9. ジャガー・ランドローバー、クラシックカー部門の本部を新設…英国

  10. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら