【MotoGP 日本GP】大どんでん返しの予選、ラスト2分の激闘

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アンドレア・ドヴィツィオーゾ
  • アンドレア・ドヴィツィオーゾ
  • アンドレア・ドヴィツィオーゾ
  • バレンティーノ・ロッシ
  • ダニ・ペドロサ
  • マルク・マルケス
  • MotoGP 日本GP
  • MotoGP 日本GP
  • ダニ・ペドロサ
10月11日、栃木県・ツインリンクもてぎでMotoGP日本GP、MotoGPクラスの公式予選が行われ、ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手がポールを獲得。予選Q2ラスト2分の大どんでん返しであった。

Q2序盤は、モビスターヤマハのバレンティーノ・ロッシ選手がタイムをリード。しかしそこに食い込んできたのがドヴィツィオーゾ選手。3位にはレプソルホンダのダニ・ペドロサ選手が付ける。

後半でもロッシ選手は予選をリード(1分44秒837)、2位にモビスターヤマハのホルヘ・ロレンソ選手が付け、ドヴィツィオーゾ選手は3位に。予選前半は出走せずに様子を見ていたマルク・マルケス選手は後半の一発にかけるが、いざ出走というタイミングでマシンが始動せず、フリー走行時のタイムを続々と塗り替えるライダーから大きく遅れをとった。

しかしマルケス選手はそこで強さを見せ、1分44秒775のタイムをマーク、一気にトップに立つ。

予選残りは約2分。マルケス選手がこのままポールと思われたが、ペドロサ選手が1分44秒755をマークし、トップに。そして次の瞬間、ドヴィツィオーゾ選手が1分44秒502をたたき出し、逆転。

ペドロサ選手もあきらめず、最後の最後まで猛アタックを続ける。そのラストチャンス、最終コーナーに差し掛かったその瞬間…スリップダウンにより転倒。ドヴィツィオーゾ選手のポールポジションが決定した。

決勝は明日12日14:00より行われる。

◆MotoGP日本GP MotoGPクラス予選 リザルト

1…アンドレア・ドヴィツィオーゾ 1’44.502(ドゥカティ)
2…バレンティーノ・ロッシ 1’44.557(モビスターヤマハ)
3…ダニ・ペドロサ 1’44.755(レプソルホンダ)
4…マルク・マルケス 1’44.775(レプソルホンダ)
5…ホルヘ・ロレンソ 1’44.784(モビスターヤマハ)
6…アンドレア・イアンノーネ 1’44.854(プラマックレーシング)
7…ポル 1’44.867(モンスターヤマハテック3)
8…カル・クラッチロー 1’44.898(ドゥカティ)
9…ステファン・ブラドル 1’45.005(LCRホンダ)
10…ブラッッドリー・スミス 1’45.044(モンスターヤマハテック3)
11…アレックス・エスパルガロ 1’45.315(NGMフォワードレーシング)
12…アルバロ・バウティスタ 1’45.677(GO&FUNホンダグレシーニ)


17…中須賀克行 1’46.876(ヤマルーブレーシング with YSP)
18…青山博一 1’46.915(ドライブM7アスパル)
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【バイク芸人トーク】チュートリアル 福田×レイザーラモン RG、鈴鹿8耐“あるある”を披露

    【バイク芸人トーク】チュートリアル 福田×レイザーラモン RG、鈴鹿8耐“あるある”を披露

  2. 隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

    隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

  3. 怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

    怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

  4. 【新聞ウォッチ】帰省にマイカー、LCC利用が急増…節約志向の強い夏休み

  5. スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

  6. 【新聞ウォッチ】「ポケモンGO」止まない運転中の衝突事故、道交法違反…任天堂株はストップ安

  7. 【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロ「8耐での勝利は僕にパワーをくれた、だから今年も勝ちたい」

  8. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

  9. 360度自動撮影の キューブ シャッタールーム、日産本社ギャラリーで体感イベント開始 7月31日まで

  10. 【新聞ウォッチ】三菱自、特別委による燃費不正調査結果を8月2日に公表へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら