【インターモト14】KTMの電動バイク、フリーライド E-SM の乗り心地は?…マッカスキル選手

モーターサイクル エンタメ・イベント

KTM・フリーライドE-SM(ドイツ・インターモト 2014)
  • KTM・フリーライドE-SM(ドイツ・インターモト 2014)
  • KTM・1290スーパーアドベンチャー(ドイツ・インターモト 2014)
  • ストリートトライアルライダーのダニー・マッカスキル選手
  • KTM・フリーライドE-SM(ドイツ・インターモト 2014)
  • KTM・フリーライドE-SM(手前)と1290スーパーアドベンチャー(ドイツ・インターモト 2014)
  • KTM・フリーライドE-SM(ドイツ・インターモト 2014)
  • KTM・1290スーパーアドベンチャー(ドイツ・インターモト 2014)
  • KTM・1290スーパーアドベンチャー(ドイツ・インターモト 2014)
KTMはドイツ・ケルンで開催された「インターモト2014」で、『フリーライドE-SM』と『1290スーパーアドベンチャー』を発表した。

例年のように、MotoGPアナウンサーのトビー・ムーディが登場し、カンファレンスは開始。CEOのステファン・ピエラ氏による、好調な市場状況などについてのスピーチが終わると、フリーライド大使として招かれたストリートトライアルライダーのダニー・マッカスキルが壇上へ。

実際に走ったフリーライドについて「自分の身体の一部のように扱える。それも自転車と同じようにノイズもエミッションも無くね」(マッカスキル選手)と語り、アンヴェイルを行なった。すでにKTMは、電動トライアラーの『フリーライドE』を登場させているが、新登場のE-SMは公道走行用としたモデルである。

そして、1290スーパーアドベンチャーは、『1290スーパーデュークR』のエンジンを移植したアドベンチャーである。シリンダヘッドやクランク軸を新設計し、電子制御による調教で、160hpを扱えるものとすることにも抜かりはないようだ。
《和歌山 利宏》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

    料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

  2. 「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

    「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

  3. 「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

    「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

  4. 対象台数増やし、8月末日まで期間延長...二輪車ETCの車載器購入助成

  5. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…元MotoGPチャンプ加入、MuSASHi RT HARC-PRO.

  6. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  7. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  8. 二輪車輸出、欧州向け2ケタ増で2年ぶりのプラス 2016年上半期実績

  9. 1800人のハーレー乗りが熊本・阿蘇を元気づけた! 合計176万円の寄付も集まる

  10. 二輪車国内生産、輸出好調で2年ぶりのプラス 2016年上半期実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら