【リコール】カワサキ エストレヤ、燃料漏れのおそれ | レスポンス(Response.jp)

【リコール】カワサキ エストレヤ、燃料漏れのおそれ

モーターサイクル 企業動向

川崎重工は10月8日、カワサキ『エストレヤ』の燃料ホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2013年11月27日~2014年8月22日に製作された1374台。

燃料ホースの取り回しが不適切なため、左スロットルボディアッシカバー端部と燃料ホ―スが干渉するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、燃料ホースが損傷し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

全車両、左スロットルボディアッシカバーと燃料ホースを対策品と交換する。

不具合および事故は発生していない。社内からの情報で発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品