【インターモト14】アプリリア、カポノルド 1200 にラリー仕様…専用パニアなど装備

モーターサイクル 新型車

アプリリア・カポノルド 1200(ドイツ・インターモト 2014)
  • アプリリア・カポノルド 1200(ドイツ・インターモト 2014)
  • アプリリア、カポノルド 1200(右)とモトグッチ・V7(ドイツ・インターモト 2014)
  • アプリリア・カポノルド 1200(ドイツ・インターモト 2014)
  • アプリリア・カポノルド 1200(ドイツ・インターモト 2014)
  • アプリリア・カポノルド 1200 (ドイツ・インターモト 2014)
イタリアのピアッジオグループは、ピアッジオやベスパのスクーターだけでなく、スポーツバイクイメージのアプリリア、トラデショナルイメージのモト・グッチをも傘下に置く巨大グループである。

今回のドイツ・ケルンで開催された「インターモト2014」でも、アプリリアとモト・グッチはひとつのブースを共用し、発表会もピアッジオグループのモデルとして合同で行われた。

アプリリアが放ったニューモデルは、先日、日本にも導入されたばかりの『カポノルド 1200』のラリーバージョンである。

車体の基本構成やセミアクティブサスなどの電子制御装置はカポノルドに準じるが、前後17インチのホイール径をフロント19インチとし、タイヤもオフロード指向に。またパニアケースなどを標準装備とするなど、標準型よりもオフロード性能とツーリング性能を高めたものとしている。
《和歌山 利宏》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

    料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

  2. 「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

    「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

  3. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

    ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  4. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  5. 「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

  6. ホンダ CB1300シリーズ にも”漆塗り”イメージの限定カラー

  7. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…ZX-10R で表彰台が見えてきたTeam GREEN

  8. 【鈴鹿8耐】スタートフラッグを振るハリウッドスターは誰だ?…噂

  9. 二輪車輸出、欧州向け2ケタ増で2年ぶりのプラス 2016年上半期実績

  10. 100周年カラーがまぶしい…写真で見るBMWモトラッド「セレブレーション・エディション」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら