新車販売総合ランキング、タント が軽自動車2年ぶりのトップ…2014年度上半期車名別

自動車 ビジネス 国内マーケット

ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • トヨタ アクア
  • ホンダ フィット ハイブリッド
  • 日産 デイズ
  • ホンダ N-BOXカスタム
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会がまとめた2014年度上半期(4月~9月)の車名別新車販売台数によると、ダイハツ『タント』が10万8946台でトップとなった。

軽自動車が年度上半期の販売台数トップとなるのは、2012年のホンダ『N-BOX』以来、2年ぶり。

2位はトヨタ『アクア』で10万4340台、3位はホンダ『フィット』で9万2440台だった。トップテンのうち6台を軽自動車が占めた。

2014年度上半期の新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年度同期比)。

1位:タント(ダイハツ)10万8946台(81.4%増)
2位:アクア(トヨタ)10万4340台(18.5%減)
3位:フィット(ホンダ)9万2440台(36.1%増)
4位:デイズ(日産)7万9454台(60.2%増)
5位:N-BOX(ホンダ)7万7814台(29.4%減)
6位:ワゴンR(スズキ)7万5103台(14.7%減)
7位:プリウス(トヨタ)7万4885台(38.4%減)
8位:ヴォクシー(トヨタ)6万3040台(218.6%増)
9位:N-WGN(ホンダ)5万9234台
10位:ハスラー(スズキ)5万8226台
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  2. JR名古屋駅南に400台収容の立体駐車場---極東開発が建設

    JR名古屋駅南に400台収容の立体駐車場---極東開発が建設

  3. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

    【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  4. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  5. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  6. 日産、グローバル生産・販売ともに過去最高を更新 2016年上半期実績

  7. トヨタ、国内販売が4か月連続のプラス 6月実績

  8. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  9. 400Gの加速度を多点計測できるシステム---ZMPが発売

  10. 日産 セントラ、米国でリコール…エンジン停止のおそれ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら