新車販売総合ランキング、タント が軽自動車2年ぶりのトップ…2014年度上半期車名別

自動車 ビジネス 国内マーケット

ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • トヨタ アクア
  • ホンダ フィット ハイブリッド
  • 日産 デイズ
  • ホンダ N-BOXカスタム
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会がまとめた2014年度上半期(4月~9月)の車名別新車販売台数によると、ダイハツ『タント』が10万8946台でトップとなった。

軽自動車が年度上半期の販売台数トップとなるのは、2012年のホンダ『N-BOX』以来、2年ぶり。

2位はトヨタ『アクア』で10万4340台、3位はホンダ『フィット』で9万2440台だった。トップテンのうち6台を軽自動車が占めた。

2014年度上半期の新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年度同期比)。

1位:タント(ダイハツ)10万8946台(81.4%増)
2位:アクア(トヨタ)10万4340台(18.5%減)
3位:フィット(ホンダ)9万2440台(36.1%増)
4位:デイズ(日産)7万9454台(60.2%増)
5位:N-BOX(ホンダ)7万7814台(29.4%減)
6位:ワゴンR(スズキ)7万5103台(14.7%減)
7位:プリウス(トヨタ)7万4885台(38.4%減)
8位:ヴォクシー(トヨタ)6万3040台(218.6%増)
9位:N-WGN(ホンダ)5万9234台
10位:ハスラー(スズキ)5万8226台
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. 【リコール】トヨタ THS不具合で、プリウスに続きマツダ アクセラ 9335台

    【リコール】トヨタ THS不具合で、プリウスに続きマツダ アクセラ 9335台

  3. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

    【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  4. 【カーエレ最前線】安全運転サポート機能をドラレコで手に入れる

  5. トヨタの複数車種、米国でリコール…後付けシートヒーターに不具合

  6. ダイハツの軽市場シェアが急上昇、5か月ぶりの35%超え…5月実績

  7. トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

  8. 【リコール】BMW 320d、ホース不具合で燃料漏れのおそれ

  9. 【リコール】レクサス IS250 など4万5000台、タカタ製エアバッグ不具合で予防措置

  10. マツダ、グローバル生産台数が17か月ぶりのマイナス…5月実績

アクセスランキングをもっと見る