【F1 日本GP】マンセル氏「ニコが本当に良い仕事をした、決勝が楽しみ」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

F1GP第15戦日本GP。公式予選後に行われたトークショーに登場した元F1ドライバーのナイジェル・マンセル氏は、予選の結果を受けて、決勝はとても楽しいレースになるとコメントした。

メルセデスAMGの両雄がポールを争う白熱の予選となった4日。午前中に行われたフリー走行3回目でルイス・ハミルトンがクラッシュ。予選への影響が心配されたが果敢なアタックを見せる。しかしチームメイトのニコ・ロズベルグが0.197秒差でポールを獲得し、ハミルトンは2位に終わった。

惜しくもポールポジションはチームメイトに譲ったものの、マンセル氏は「ルイスが事故を起こしたが、ポールを取るだろうと思っていた。けど、ニコが本当に良い仕事をしたね。明日はルイスが2番手スタートだからとても楽しいレースになるだろう」と語った。

非常に強い勢力を持った台風18号の影響で、決勝は天候が大荒れと予想される。予選はドライだったが、パルクフェルメ規則により原則として車両がいじれないため、明日はドライバーの雨への対応力が問われるレースとなる。

マンセル氏は「全く読めないレースになるだろう。明日は雨の予報なので、今日は完璧にドライ用のセットアップではないのかもしれない。しかしドライになる可能性もあるので、全く展開が予想ができない」と話す。

さらにマンセル氏は「TOP10なら誰でも勝つことができるだろう。明日のバトルが楽しみだ」と述べた。

トークショー後には抽選で選ばれたファンとのサイン会も行われ、交流を楽しんだ。
《橋本 隆志》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品