【パリモーターショー14】マツダ ロードスター 新型、1.5リットルエンジン搭載が確定 | レスポンス(Response.jp)

【パリモーターショー14】マツダ ロードスター 新型、1.5リットルエンジン搭載が確定

自動車 ニューモデル モーターショー

新型 マツダ ロードスター(パリモーターショー14)
  • 新型 マツダ ロードスター(パリモーターショー14)
  • 新型 マツダ ロードスター(パリモーターショー14)
  • 新型 マツダ ロードスター(パリモーターショー14)
  • 新型 マツダ ロードスター(パリモーターショー14)
  • マツダ・ロードスター
  • マツダ ロードスター
  • マツダ・ロードスター
  • マツダ ロードスター 新型
欧州マツダは10月2日、パリモーターショー14の開幕に合わせて、新型『ロードスター』の詳細を発表した。

マツダは9月4日、4代目となる新型ロードスターを日本、米国、スペインで行われたファン参加型イベントで世界初公開。しかし、この時、実車は披露されたものの、パワートレインの中身は公表されていない。

10月2日、欧州マツダは新型ロードスターのパワートレインについて、「SKYACTIV-Gの1.5リットルガソリン」と発表。日本では2.0リットルのみの現行ロードスターに対して、エンジン排気量の500ccのダウンサイジングが図られる。

この1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンのスペックは、現時点では明らかにされていない。ただし、フロントミッドシップに搭載され、「SKYACTIV-MT」と呼ばれる6速MTを採用。前後重量配分は、ほぼ50対50と理想的バランスが追求される。

歴代ロードスターの中で、最もコンパクトなボディサイズと、現行比で100kgを超える軽量化を実現した新型ロードスター。1.5リットルのダウンサイジングエンジンとの組み合わせで、人馬一体の楽しさを飛躍的に向上させることになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品