ホンダの次世代「一輪車」を体験できる空間が登場 日本科学未来館

自動車 ニューモデル モビリティ

日本科学未来館を訪れた外国人観光客も「Good !!」とUNI-CUB βの乗り心地を絶賛。
  • 日本科学未来館を訪れた外国人観光客も「Good !!」とUNI-CUB βの乗り心地を絶賛。
  • 初日の10月1日は全回満員という人気ぶり。
  • 日本科学未来館で体験できるホンダの次世代モビリティ「ユニカブ ベータ」。
  • 大人よりも子どもたちのほうが感覚をつかものが早い!?
  • 外国人観光客もホンダの次世代モビリティに興味津々。
  • 日本科学未来館で体験できるホンダの次世代モビリティ「ユニカブ ベータ」。
  • 日本科学未来館の1階特設カウンター「UNI-CUBステーション」で試乗受付中。
  • 「前にちょっとだけ過重をかけて、さあみんなで行きましょう」
東京・台場の日本科学未来館に10月1日、ホンダの次世代パーソナルモビリティ『UNI-CUB β(ユニカブ ベータ)』に乗れる空間が誕生した。1回700円、30分の体験ができ、「営業時間であれば誰でも好きな時間に試乗できるという空間は今回が初めて」とホンダは話す。

UNI-CUBは、2012年に登場したホンダの屋内型パーソナルモビリティ。日本科学未来館では、同年6月からホンダとの共同実証実験を開始し、UNI-CUBなどとともに、未来の乗り物について来館者と語り合い、乗り心地や用途についての意見を開発チームにフィードバックしてきた。

こうした実験を踏まえて開発されたUNI-CUB β。2014年4月からは、科学コミュニケーターの展示フロア巡回や実演などでこのβが活用されてきた。

そして10月1日から、共同で一般来場者へ向けた有料試乗サービスを開始。2015年3月31日まで、同館1階特設カウンター「UNI-CUBステーション」で10~17時まで試乗を受け付けている。

初日の午後、すでに試乗を待つ来場者の行列ができていた。「家族で日本に旅行に来た」というロシア人は「ホンダがこんな乗り物をつくっているとは思わなかった」「すごい楽しい!もっと乗りたい」と親指を立てていた。日本の次世代モビリティに感動していたようす。

初日のきょう、10時30分からの1回目から16時からの9回目(最終)まですべて満員。現状では、同館内の無料ゾーンで試乗するため、同館の入館料は不要。試乗代金700円だけを払えば30分の「未来の歩行」が楽しめる。

同館は「今後は科学コミュニケーターが案内する“常設展ツアー”も開始する予定。試乗時間や入館料込みの料金を新たに設定して、UNI-CUB βと日本科学未来館をいっしょに楽しんでもらえるプログラムも検討している」と話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  2. 【インタビュー】

    【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  3. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  5. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  6. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら