スズキ、MotoGPに2015年から復帰…今シーズン最終戦にも出走決定

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

スズキ・GSX-RR(MotoGP参戦車両)
  • スズキ・GSX-RR(MotoGP参戦車両)
  • スズキ・GSX-RR(MotoGP参戦車両)
  • スズキ・GSX-RR(MotoGP参戦車両)
  • スズキ・GSX-RR(MotoGP参戦車両)
  • スズキ・GSX-RR(MotoGP参戦車両)
  • スズキ・GSX-RR(MotoGP参戦車両)
スズキは30日、2015年より「MotoGP(FIMロードレース世界選手権)」に復帰することを発表した。それに先立ち、2014年シーズンの最終戦「バレンシアGP」にワイルドカードで出場する。

同社は2012年よりMotoGPへの参戦を休止していたが車両開発は継続。2015年からの出場を通じ、技術などをフィードバックする事で、より魅力的な商品開発やブランドイメージの向上をはかる。

2015年のチーム・スズキ・モトGPのライダーは、現MotoGPクラス出場中のアレイシ・エスパルガロ選手と、同じくMoto2クラスのマーベリック・ビニャーレス選手。チームマネージャーには、現テストチームのダビデ・ブリビオ マネージャーがそのまま就任する。

MotoGPクラスに参戦するマシンは、専用に開発された『GSX-RR』。車両重量はFIMレギューレションに基づいた160kgで、搭載する1000cc水冷4サイクル直列4機等エンジンは最高230ps以上を発揮する。

スズキはこのマシンを「市販車両のGSX-Rで長年培った素直な操作性が発揮できる戦闘力の高いマシン」だとしている。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【鈴鹿8耐】第39回大会が開幕、初日フリー走行はヤマハ・ファクトリーが最速

    【鈴鹿8耐】第39回大会が開幕、初日フリー走行はヤマハ・ファクトリーが最速

  2. 【バイク芸人トーク】チュートリアル 福田×レイザーラモン RG、鈴鹿8耐“あるある”を披露

    【バイク芸人トーク】チュートリアル 福田×レイザーラモン RG、鈴鹿8耐“あるある”を披露

  3. 【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロ「8耐での勝利は僕にパワーをくれた、だから今年も勝ちたい」

    【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロ「8耐での勝利は僕にパワーをくれた、だから今年も勝ちたい」

  4. 360度自動撮影の キューブ シャッタールーム、日産本社ギャラリーで体感イベント開始 7月31日まで

  5. 怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

  6. 隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

  7. 【新聞ウォッチ】「ポケモンGO」止まない運転中の衝突事故、道交法違反…任天堂株はストップ安

  8. 【レッドブル・エアレース 第4戦】室屋義秀は5位、2戦連続のファイナル4進出ならず

  9. スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

  10. 【バイク芸人トーク】 チュートリアル 福田 × レイザーラモン RG 、鈴鹿8耐を熱く語る

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら