国際宇宙ステーションクルーが、SFコメディ映画をパロディ

宇宙 エンタメ・イベント

映画「銀河ヒッチハイクガイド」のパロディとなっているISS第42次長期滞在クルーポスター
  • 映画「銀河ヒッチハイクガイド」のパロディとなっているISS第42次長期滞在クルーポスター
  • 第42次長期滞在クルー6人。ロシアで4番目の女性宇宙飛行士エレーナ・セロワさん、イタリア初の女性宇宙飛行士、サマンサ・クリストフォレッティさんらが活動する。
NASAは、2014年9月、11月から国際宇宙ステーション(ISS)で長期滞在を開始する第42次長期滞在クルーの宇宙飛行士6人がSFコメディ映画『銀河ヒッチハイクガイド』の登場人物に扮した紹介ポスターを発表した。

「銀河ヒッチハイクガイド」(2005年)は、ダグラス・アダムズが1979年に出版した同名のSFコメディ小説を映画化した作品。ヴォゴン人による銀河外縁部建設計画の一環として、超空間道路建設のために地球はわずか2分で取り壊されてしまった。僅かに生き残りったイギリス出身の地球人アーサー・デントは、銀河の観光案内「銀河ヒッチハイクガイド」の調査員で宇宙人のフォード・プリーフェクトと共に宇宙を放浪するはめになる。

作品には、「生命、宇宙、その他もろもろについての深遠なる疑問の答え」として「42」の数字が登場する。ポスターはこの数字と長期滞在計画の番号をかけたものだ。登場する架空のガイドブックであり、作品タイトルである「THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY」をもじった「THE EXPEDITION 42'S GUIDE TO THE GALAXY」のロゴと共に、6人の宇宙飛行士とNASAの宇宙飛行士支援ロボット「ロボノート2」が登場している。映画版のポスターに登場するのは5人だが、クルーのうち2人が双頭の宇宙人に扮し、6人全員が顔を揃えている。

クルーと対応する登場人物
バリー・ウィルモア宇宙飛行士(NASA、コマンダー):主人公アーサー・デント、ポスター中央
アレクサンダー・サマクチャイエフ宇宙飛行士(ロシア):双頭の宇宙人で銀河帝国大統領ゼイフォード・ビーブルブロックス(左から2番目)
アントン・シュカプレロフ宇宙飛行士(ロシア):映画版に登場する宇宙人カルト教伝道師でゼイフォードの政敵ハーマ・カヴーラ(左から3番目)
エレーナ・セロワ宇宙飛行士(ロシア):アーサーの友人で銀河ヒッチハイクガイド改訂版調査員フォード・プリーフェクト(右から2番目)
テリー・バーツ宇宙飛行士(NASA):双頭の宇宙人で銀河帝国大統領ゼイフォード・ビーブルブロックス(左端)
サマンサ・クリストフォレッティ宇宙飛行士(ESA):銀河帝国大統領ゼイフォードの恋人で地球人のトリリアン、本名トリシア・マクミラン(右端)
ロボノート2:常に気が滅入っていることを隠さないロボット、マーヴィン

ポスターでは、映画に登場する黒電話を国際宇宙ステーションに、宇宙船の代わりにソユーズロケットが飛ぶなど細かいパロディとなっている。ガイドブックのカバーに書かれた「DON'T PANIC(パニクるな)」の文字もそのままで、原作小説から映画まで今でも多くの人に愛されている作品のモチーフを盛り込んでいる。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  2. ジャパンホームシールド、JAXAと月面でも利用可能な地盤調査技術を共同研究

    ジャパンホームシールド、JAXAと月面でも利用可能な地盤調査技術を共同研究

  3. JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

    JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

  4. 国際宇宙ステーション「きぼう」からフィリピン第1号超小型衛星の放出に成功

  5. JAXA、金星探査機「あかつき」が軌道修正を実施…観測期間を延長

  6. 防衛省、Xバンド防衛通信衛星3号機用中継器や宇宙監視システムを整備…2016年度

  7. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  8. 文部科学省、X線天文衛星「ひとみ」の異常要因分析を検証する小委員会を設置

  9. X線天文衛星「ひとみ」、分離するまでの推定メカニズムを公表…回転していると誤って自己判断

  10. X線天文衛星「ひとみ」、電波正常に受信できない状態…衛星の状態も確認できず

アクセスランキングをもっと見る