【マツダ デミオ 新型発表】東京ミッドタウン デザインタッチ で実車展示…10月17日から

自動車 ビジネス 国内マーケット

マツダ デミオ 新型
  • マツダ デミオ 新型
  • マツダ デミオ(参考画像)
  • Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014
東京ミッドタウンは、デザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014」(東京ミッドタウンデザインタッチ2014)を、10月17日から11月3日まで開催する。

同イベントは2007年に始まり、今年で8回目を迎える。「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトに、深く興味を持つ人から初めてデザインイベントを訪れる人まで、幅広く楽しめる内容となっている。

今年は「デザインのスイッチ」をテーマとし、身近なものが日常生活のなかでデザインの力を得て輝く姿を多彩なコンテンツで届ける。東京ミッドタウンの芝生広場には、クリエイティブディレクターの古屋遙氏と、創造集団ガリレオ工房が手掛けたチェアが並ぶ「スワリの森」が出現。ガレリア地下1階のアトリウムでは、ミラノサローネで活躍し日本を代表するデザイナー吉岡徳仁氏がラウンジをデザインする。

また、10月26日まではキャノピー・スクエアにて「マツダデザイン展示」も行われる。会場には先日発表されたばかりの新型『デミオ』を筆頭に、『アクセラ』『アテンザ』『CX-5』が並ぶ予定だ。マツダの出展は3年連続。“クルマを工業製品と捉えずに、アートや芸術を生み出すという発想”でデザインしてきたマツダの哲学を、体感できる機会となっている。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品