人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【ギフトショー14】シースクーター、時速4kmで水深30mの水中散歩が可能

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

手軽に水中散歩が楽しめる。スタリオンジャパン(本社・東京都千代田区)が出展した「シースクーター」はまさしくそんな商品と言っていいだろう。

「これまでこの種の商品はプロ向けのものがほとんどで、価格も30万円と高く、一般の人にはなかなか手が届きませんでした。それをアマチュアでも使いやすくし、安くしたのがこのシースクーターなんです。子どもでも簡単に操作ができます」と同社関係者は話す。

米国生まれのこの商品は4タイプあり、価格は3万5000円~9万2000円。スピードは3.2km/h~4km/hで、水深5m~30mまで潜ることができる。重量は5.4kg~8.2kg。約半日の充電時間で1~2時間楽しむことができるそうだ。

もちろん安全にも気を遣っており、シースクーターから手を離すと、スクリューが止まるようになっている。また、小型カメラ「GoPro」のマウントがついていて、簡単に水中撮影ができるようになっている。

「今回の展示会で来場者の反応を見て、来年夏から本格的に販売を開始する予定です。まずはダイビングショップに対してレンタルの提案をしていこうと考えています」と同社関係者。来夏には多くの海岸でシースクーターを楽しむ人が出ているかもしれない。
《山田清志》

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【SUPER GT】脇阪寿一監督「表彰式の景色はたぶん日本で最もルマンに近い」…鈴鹿1000km直前インタビュー後編

    【SUPER GT】脇阪寿一監督「表彰式の景色はたぶん日本で最もルマンに近い」…鈴鹿1000km直前インタビュー後編

  2. 【新聞ウォッチ】仏ルノーにも排出ガスの不正疑惑が浮上

    【新聞ウォッチ】仏ルノーにも排出ガスの不正疑惑が浮上

  3. レースクイーンオブザイヤー早瀬あや…蔵出し写真50枚

    レースクイーンオブザイヤー早瀬あや…蔵出し写真50枚

  4. 【SUPER GT】脇阪寿一監督「特等席から語るこのシリーズの面白さ」…鈴鹿1000km直前インタビュー前編

  5. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  6. 「乗り心地」の極意 ー現役技術者たちが語る自動車のサスペンションー

  7. 【新聞ウォッチ】お待たせ「ミライ」販売開始、受注1000台…納車に2年待ち

  8. 【スーパーフォーミュラ第4戦】30台のホンダF1マシンがホンダコレクションホールで特別展示…10月10日まで

  9. 【頭文字Dの秘密に迫る】プログラマーによる超上級編「八方ヶ原」攻略法とコース図

  10. 1200馬力対決! フルチューンの GT-R vs ブガッティ ヴェイロン[動画]

アクセスランキングをもっと見る