【ギフトショー14】シースクーター、時速4kmで水深30mの水中散歩が可能

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

手軽に水中散歩が楽しめる。スタリオンジャパン(本社・東京都千代田区)が出展した「シースクーター」はまさしくそんな商品と言っていいだろう。

「これまでこの種の商品はプロ向けのものがほとんどで、価格も30万円と高く、一般の人にはなかなか手が届きませんでした。それをアマチュアでも使いやすくし、安くしたのがこのシースクーターなんです。子どもでも簡単に操作ができます」と同社関係者は話す。

米国生まれのこの商品は4タイプあり、価格は3万5000円~9万2000円。スピードは3.2km/h~4km/hで、水深5m~30mまで潜ることができる。重量は5.4kg~8.2kg。約半日の充電時間で1~2時間楽しむことができるそうだ。

もちろん安全にも気を遣っており、シースクーターから手を離すと、スクリューが止まるようになっている。また、小型カメラ「GoPro」のマウントがついていて、簡単に水中撮影ができるようになっている。

「今回の展示会で来場者の反応を見て、来年夏から本格的に販売を開始する予定です。まずはダイビングショップに対してレンタルの提案をしていこうと考えています」と同社関係者。来夏には多くの海岸でシースクーターを楽しむ人が出ているかもしれない。
《山田清志》

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【パイクスピーク16】ホンダ NSX 新型、量産車クラスで優勝

    【パイクスピーク16】ホンダ NSX 新型、量産車クラスで優勝

  2. 世界に誇るニホンの力!! スズキ ワゴンR 次期型を完全捕捉…『ベストカー』7月26日号

    世界に誇るニホンの力!! スズキ ワゴンR 次期型を完全捕捉…『ベストカー』7月26日号

  3. 知らなきゃ損!? クルマ選びの新常識…『月刊自家用車』8月号

    知らなきゃ損!? クルマ選びの新常識…『月刊自家用車』8月号

  4. 【新聞ウォッチ】出光興産、創業家の反乱---昭和シェルとの合併に反対表明

  5. 【東京キャンピングカーショー16】緊急企画、車中泊専門ブースが登場

  6. 【グッドウッド16】今年のオブジェはBMW、3台の伝説レーサーが競演

  7. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  8. 【新聞ウォッチ】中国サッカークラブ「広州恒大」が東風日産に4億円の賠償金

  9. 【グッドウッド16】ルマンを制したフォードGT、ヒルクライムを激走

  10. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

アクセスランキングをもっと見る