【ギフトショー14】シースクーター、時速4kmで水深30mの水中散歩が可能

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

手軽に水中散歩が楽しめる。スタリオンジャパン(本社・東京都千代田区)が出展した「シースクーター」はまさしくそんな商品と言っていいだろう。

「これまでこの種の商品はプロ向けのものがほとんどで、価格も30万円と高く、一般の人にはなかなか手が届きませんでした。それをアマチュアでも使いやすくし、安くしたのがこのシースクーターなんです。子どもでも簡単に操作ができます」と同社関係者は話す。

米国生まれのこの商品は4タイプあり、価格は3万5000円~9万2000円。スピードは3.2km/h~4km/hで、水深5m~30mまで潜ることができる。重量は5.4kg~8.2kg。約半日の充電時間で1~2時間楽しむことができるそうだ。

もちろん安全にも気を遣っており、シースクーターから手を離すと、スクリューが止まるようになっている。また、小型カメラ「GoPro」のマウントがついていて、簡単に水中撮影ができるようになっている。

「今回の展示会で来場者の反応を見て、来年夏から本格的に販売を開始する予定です。まずはダイビングショップに対してレンタルの提案をしていこうと考えています」と同社関係者。来夏には多くの海岸でシースクーターを楽しむ人が出ているかもしれない。
《山田清志》

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 『グランツーリスモSPORT』は新しいモータースポーツの提案 ― FIAとの連携秘話も

    『グランツーリスモSPORT』は新しいモータースポーツの提案 ― FIAとの連携秘話も

  2. 【レッドブル・エアレース 第3戦】「空のレースクイーン」ナンバーワンは誰だ!? 人気投票開催

    【レッドブル・エアレース 第3戦】「空のレースクイーン」ナンバーワンは誰だ!? 人気投票開催

  3. 【新聞ウォッチ】吉と出るか? トヨタ、配車アプリの米ウーバーと提携

    【新聞ウォッチ】吉と出るか? トヨタ、配車アプリの米ウーバーと提携

  4. 【レッドブル・エアレース 第3戦】史上初、空のレースクイーンが登場…コスチュームは“CA風”?

  5. 2017年のロッシのチームメイトはヴィニャレスか!? 鈴鹿8耐にザルコ登場の可能性

  6. 日本キャタピラー、夏休み・ちびっこ建機フェアの参加者を募集

  7. トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

  8. 【SUPER GT第2戦】ホンダ S660 RAコンセプト、より身近に楽しめる展示に

  9. 【新聞ウォッチ】伊勢志摩サミットあす開幕、MRJ、ミライ、クラリティもお披露目

  10. 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、ファルケンタイヤ装着でクラス2連覇を目指す

アクセスランキングをもっと見る