【モスクワモーターショー14】メルセデスに続き…トヨタ ハイラックス にも6輪車

自動車 ニューモデル モーターショー

アークティックトラックス ハイラックス6×6(モスクワモーターショー14)
  • アークティックトラックス ハイラックス6×6(モスクワモーターショー14)
  • アークティックトラックス ハイラックス6×6(モスクワモーターショー14)
  • アークティックトラックス ハイラックス6×6(モスクワモーターショー14)
  • アークティックトラックス ハイラックス6×6(モスクワモーターショー14)
  • アークティックトラックス ハイラックス6×6(モスクワモーターショー14)
  • アークティックトラックス ハイラックス6×6(モスクワモーターショー14)
モスクワモーターショー14では、わずかではあるがチューナーの出展も見られた。中でも目を引いたのはアークティックトラックスによる『ハイランダー 6×6』だ。

アークティックトラックスは、1990年にアイスランドで設立したSUVチューナー。『ハイラックス』や『ランドクルーザー』などのトヨタ系SUVを中心に、極限性能を高めたSUVを提案する。

今回展示されたのはハイラックスの6×6。全長6365mm×全幅2300mm×全高2145mmの巨大なボディに、6つの駆動輪を有する。エンジンは3リットルのディーゼルだ。

都市部を離れれば過酷な道路環境のロシアでは、タフなSUVの人気が高い。メルセデスベンツブースに出展された『G63 AMG 6×6』はラグジュアリーさも兼ね備えているが、こちらはよりヘビーデューティーな1台。ハイラックスのタフネスさは英国の人気番組『トップギア』でも折り紙つき。そのハイランダーの6×6なら、もう怖いものなし!?
《瓜生洋明》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  3. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

    VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  5. 【スカニア 新型発表】サステイナブルな未来へ進化する大型トラック

  6. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…独自のデザイン哲学を表現

  7. ブガッティの ビジョンGT、ガス欠…ゲームではない[動画]

  8. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  9. トヨタ、新型 プリウスPHV の国内発売を今冬へ延期

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら