8月の軽自動車販売、全メーカーマイナス…6社は2ケタ減

自動車 ビジネス 国内マーケット

全国軽自動車協会連合会が発表した8月の軽自動車ブランド別新車販売台数によると、スズキが前年同月比3.3%減ながら、4万2923台で、5か月連続のトップとなった。

2位ダイハツは、18.3%減の3万5454台、首位スズキとの差は7469台。3位は前月同様ホンダで、同19.7%減の2万2937台だった。

8月は全メーカーがマイナス。スズキと日産を除く6メーカーは2ケタの大幅減となった。

1位:スズキ 4万2923台(3.3%減)
2位:ダイハツ 3万5454台(18.3%減)
3位:ホンダ 2万2937台(19.7%減)
4位:日産 1万4078台(2.7%減)
5位:三菱 4173台(38.8%減)
6位:マツダ 4058台(16.7%減)
7位:トヨタ 1975台(33.0%減)
8位:スバル 1261台(67.7%減)
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品