人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

アプリリア RS4 50 SBK 日本発表…原付免許で乗れるミニレプリカ

モーターサイクル 新型車

ピアッジオグループジャパン(PGJ)は、2サイクル50ccエンジンを搭載し、RSV4のデザイン・スタイルを踏襲したスーパーバイクレプリカ、アプリリア『RS4 50 SBK』を発表した。価格は49万5000円で、8月下旬より出荷の予定。

RS4 50 SBK は原付ながら、アプリリアのフラッグシップスポーツであり、スーパーバイク世界選手権に出場している「RSV4 ファクトリー」のデザイン・スタイルを忠実に再現した。

レーシングマシンのみに採用されるシルバーや、「アプリリアレーシング」のツイッター用ハッシュタグ「# be a racer」のグラフィックに加え、同チームのエースライダーであるマルコ・メランドリ選手のゼッケン「33」番をあしらうなど、レーシングマシンのテイストを妥協なく盛り込んでいる。

また車体面でも、高剛性アルミフレームや倒立フロントフォーク、ラジアルマウント・フロントブレーキキャリパーなど、スポーツマシンとして本格的な装備を施している。

なお、車体サイズは全長1968×全幅760×全高1135mmで、ホイールベースが1353mm。シート高は820mmに設定され、車両重量は132kgとなっている。燃料タンクは14.5リットル。

搭載される2サイクル49.9cc単気筒エンジンは水冷式。2サイクルエンジンならではの「回す楽しさ」を提供しながら、普通免許で運転可能という手軽さもあわせ持つ。

カラーはSBKカラーの1色のみ設定。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

    【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  2. カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

    カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

  3. ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

    ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

  4. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  5. BMWモトラッド、白馬でミーティングイベントを開催…8月27日・28日

  6. カワサキ ZRX1200 DAEG、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  7. ヘルメットを被ったままで通話できる---バイク用インカム発売

  8. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

  9. カワサキ Ninja 250、2017年モデルを発表…カラー&グラフィックを変更

  10. 【インドネシアオートショー16】2輪は脇役でも個性派ブランドが存在感を見せる

アクセスランキングをもっと見る