【F1 ベルギーGP】リチャルドが今季3勝目…タイトルを争うメルセデス勢がまさかの同士討ち | レスポンス(Response.jp)

【F1 ベルギーGP】リチャルドが今季3勝目…タイトルを争うメルセデス勢がまさかの同士討ち

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

レッドブルのリチャルドが優勝(F1ベルギーGP)
  • レッドブルのリチャルドが優勝(F1ベルギーGP)
  • レッドブルのリチャルド(F1ベルギーGP)
  • F1ベルギーGP
  • F1ベルギーGP
  • F1ベルギーGP
2014年のF1第12戦ベルギーGPの決勝レースが現地時間の24日に行われ、5番手からスタートしたダニエル・リチャルド(レッドブル)が優勝した。

序盤はポールポジションのニコ・ロズベルグと2番手のルイス・ハミルトンによるメルセデス勢同士の争いが白熱。スタートでハミルトンが前に出るが、すぐにロズベルグも反撃。抜きつ抜かれつのバトルになるかと思われた。ところが、2周目のターン5で両者が接触。これでハミルトンの左リアタイヤがパンクし緊急ピットイン。最下位まで後退してしまう。その後も追い上げを試みたが、完全に優勝争いどころかポイント獲得のチャンスも失い、38周を終えたところでリタイアした。

一方のロズベルグもフロントウイングを破損。なんとか走行を続けるが思うようにペースが上がらず、8周目の1回目のピットストップでタイヤ交換に加えウイングも交換。これで5位まで順位を落としてしまう。

これでトップに躍り出たのはリチャルド。11周目に1回目のタイヤ交換を終えると、後続との差を徐々に引き離していき独走状態に。終盤に3ストップ作戦で新しいソフトタイヤを装着したロズベルグが激しい追い上げをみせるが、わずかに届かずチェッカーフラッグ。リチャルドが前回ハンガリーGPから連勝し、今季3勝目を挙げた。

2位には序盤の接触が悔やまれるロズベルグ。トータル220ポイントに伸ばしランキング首位の座を守った。3位にはバルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)が入った。

また小林可夢偉に代わってケータハムから参戦したアンドレ・ロッテラーは、2周目にトラブルでリタイアを余儀なくされた。

2014 F1ベルギーGP 決勝結果
1.ダニエル・リチャルド(レッドブル)
2.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
3.バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)
4.キミ・ライコネン(フェラーリ)
5.セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
6.ジェンソン・バトン(マクラーレン)
7.フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
8.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
9.ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)
10.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)


リタイア.アンドレ・ロッテラー(ケータハム)
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品