【宇宙博2014】若田宇宙飛行士、「きぼう」実物大モデルにサイン…宇宙エレベーターにコメントも

宇宙 エンタメ・イベント

2014年8月19日、5月に国際宇宙ステーション(ISS)での約6カ月間の長期滞在から帰還した若田光一宇宙飛行士は、幕張メッセで開催中の「宇宙博 2014」で展示中の日本実験棟「きぼう」実物大モデルにサインした。

若田光一宇宙飛行士は、「宇宙博 2014」でトークショー開催の後にISS日本実験棟「きぼう」に搭乗。約6カ月のあいだ「職場」だった「きぼう」の入り口部分にサインした。日本人宇宙飛行士による「きぼう」のサインは、宇宙博開会式の古川聡宇宙飛行士、7月24日にトークショーを行った野口聡一宇宙飛行士に続き、3人目となる。

その後、若田宇宙飛行士は宇宙博2014の展示にもコメント。未来の宇宙輸送機関として展示されている宇宙エレベーターの昇降機について、「宇宙にもっともっと多くの人たちが行ってほしい。行くだけではなく、宇宙を使えばわれわれの日常を豊かにする知見や技術が生まれる。宇宙エレベーターはもっともっと多くの人たちが宇宙に行けるツール。多くの方が宇宙を身近に感じる、頻繁に利用してもらえる、美しい地球を身近に感じていただけるようなそういう時代になって欲しいと思う」と述べた。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

    JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

  2. 国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

    国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

  3. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

    130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  4. JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

  5. 生命のいない地球型惑星が存在する可能性を理論的に証明

  6. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  7. 国際宇宙ステーション「きぼう」で高品質タンパク質生成実験を実施…医薬品創生を目指す

  8. 金星探査機「あかつき」、金星雲の微細な凹凸の可視化に成功

  9. GSユアサ、宇宙用リチウムイオン電池の採用数が110機超に

  10. 土星の衛星、タイタンの湖の反射

アクセスランキングをもっと見る