人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【宇宙博2014】若田宇宙飛行士、「きぼう」実物大モデルにサイン…宇宙エレベーターにコメントも

宇宙 エンタメ・イベント

日本実験棟「きぼう」実物大モデルにサインした3人目の日本人宇宙飛行士
  • 日本実験棟「きぼう」実物大モデルにサインした3人目の日本人宇宙飛行士
  • 実物大モデルのきぼう
  • 幕張メッセで開幕中の「宇宙博 2014」で若田宇宙飛行士によるトークショー開催
2014年8月19日、5月に国際宇宙ステーション(ISS)での約6カ月間の長期滞在から帰還した若田光一宇宙飛行士は、幕張メッセで開催中の「宇宙博 2014」で展示中の日本実験棟「きぼう」実物大モデルにサインした。

若田光一宇宙飛行士は、「宇宙博 2014」でトークショー開催の後にISS日本実験棟「きぼう」に搭乗。約6カ月のあいだ「職場」だった「きぼう」の入り口部分にサインした。日本人宇宙飛行士による「きぼう」のサインは、宇宙博開会式の古川聡宇宙飛行士、7月24日にトークショーを行った野口聡一宇宙飛行士に続き、3人目となる。

その後、若田宇宙飛行士は宇宙博2014の展示にもコメント。未来の宇宙輸送機関として展示されている宇宙エレベーターの昇降機について、「宇宙にもっともっと多くの人たちが行ってほしい。行くだけではなく、宇宙を使えばわれわれの日常を豊かにする知見や技術が生まれる。宇宙エレベーターはもっともっと多くの人たちが宇宙に行けるツール。多くの方が宇宙を身近に感じる、頻繁に利用してもらえる、美しい地球を身近に感じていただけるようなそういう時代になって欲しいと思う」と述べた。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. ドラゴン補給船運用9号機の打ち上げ成功

    ドラゴン補給船運用9号機の打ち上げ成功

  2. X線天文衛星「ひとみ」の後継機を2020年に打ち上げへ…JAXA

    X線天文衛星「ひとみ」の後継機を2020年に打ち上げへ…JAXA

  3. EU 2022年までの測位衛星市場予測を発表…位置情報機器は地球人口1人が1台利用可能に

    EU 2022年までの測位衛星市場予測を発表…位置情報機器は地球人口1人が1台利用可能に

  4. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  5. JAXA、火星探査用飛行機の高高度飛行試験を完了

  6. 宇宙空間でのタンパク質結晶化実験、7割が解析可能…JAXA

  7. 土星の衛星、タイタンの湖の反射

  8. 準天頂衛星を使い農作業…自律走行型ロボットトラクターで実証実験

  9. ロケット打ち上げ価格を100分の1に…スペースX、完全再使用ロケットを3月実証へ

  10. NASA 2017年の民間有人宇宙船開発にボーイングとスペース Xを選定

アクセスランキングをもっと見る