自家用乗用車の世帯当たり普及台数1.083台、3年ぶりに減少

自動車 ビジネス 国内マーケット

自動車検査登録情報協会が集計した2014年3月末現在の自家用乗用車(登録車と軽自動車の合計)の世帯当たり普及台数は、1.069台となり、前年の1.083台から0.014台減って3年ぶりに減少した。

同協会は、毎月発行している「自動車保有車両数月報」の3月末現在と、総務省が発表した「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」をもとに、毎年3月末の世帯当たり普及台数をまとめている。今回から総務省の調査期日が変更され、1月1日現在の人口・世帯数となっている。世帯数には外国人住民の世帯も含む。

2014年の自家用乗用車の保有台数は5981万0485台に対して、世帯数は5595万2365世帯となった。2014年の世帯当たり普及の状況は、消費増税前の駆け込み需要などにより保有台数が70万台増加したものの、保有台数の伸び率が世帯数の伸び率を3年ぶりに下回った。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

    【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  3. スズキ、新CEOに鈴木俊宏社長 兼務

    スズキ、新CEOに鈴木俊宏社長 兼務

  4. ダイハツ、トヨタの完全子会社化を株主総会で承認

  5. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  6. ダイハツの軽市場シェアが急上昇、5か月ぶりの35%超え…5月実績

  7. スタイリッシュな車載防災セット、カーエマージェンシーボックス発売

  8. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は17か月連続マイナス…5月実績

  9. マツダ、グローバル生産台数が17か月ぶりのマイナス…5月実績

  10. 日産、デイズ 販売停止の影響で国内販売26.2%減…5月実績

アクセスランキングをもっと見る