人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

自家用乗用車の世帯当たり普及台数1.083台、3年ぶりに減少

自動車 ビジネス 国内マーケット

自動車検査登録情報協会が集計した2014年3月末現在の自家用乗用車(登録車と軽自動車の合計)の世帯当たり普及台数は、1.069台となり、前年の1.083台から0.014台減って3年ぶりに減少した。

同協会は、毎月発行している「自動車保有車両数月報」の3月末現在と、総務省が発表した「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」をもとに、毎年3月末の世帯当たり普及台数をまとめている。今回から総務省の調査期日が変更され、1月1日現在の人口・世帯数となっている。世帯数には外国人住民の世帯も含む。

2014年の自家用乗用車の保有台数は5981万0485台に対して、世帯数は5595万2365世帯となった。2014年の世帯当たり普及の状況は、消費増税前の駆け込み需要などにより保有台数が70万台増加したものの、保有台数の伸び率が世帯数の伸び率を3年ぶりに下回った。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  4. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  5. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

  6. スバル富士重 吉永社長「不正な事例はない」…燃費データの社内調査

  7. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  8. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  9. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  10. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

アクセスランキングをもっと見る