渋滞ピーク、各地で30km規模…14日も続く

自動車 社会 社会

渋滞ピーク、各地で30km規模…14日も続く
  • 渋滞ピーク、各地で30km規模…14日も続く
13日から16日が全国的に帰省ラッシュのピークになると見られ、高速道路各社は、大規模渋滞への注意を呼びかけている。お盆初日となった13日は、全国各地で30km規模の渋滞が見られた。

JARTIC(日本道路交通情報センター)では、サイトで渋滞予測を随時更新している。14日も、ピークを外れているとはいえ各地で30km以上の渋滞が予想されている。

14日の渋滞予測によると、東北道では、加須IC付近上り線で25km、下り線で30km、岩舟JCT付近下り線で25kmなど。関越道では、高坂SA付近上り線で30km、花園IC付近上り線で25kmなど。常磐道、柏IC付近上り線で20kmなど。

中央道では、小仏トンネル付近上り線で25km、相模湖IC付近下り線で35km。東名道では大和トンネル付近上り線で40km、下り線でも20km。そのほか、西日本各所でも10km程度の渋滞、九州自動車道、鳥栖JCT付近下り線で25kmの渋滞が予想されている。

高速道路各社は、移動日程をずらしたり、出発時間を渋滞が予想される時間帯の前後にずらすなど、渋滞を避けた利用を呼びかけている。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

    国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  2. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

    ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  3. 国土交通省、自動車の安全対策に関する評価・分析方法を検討

    国土交通省、自動車の安全対策に関する評価・分析方法を検討

  4. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  5. バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

  6. 羽田空港の深夜早朝アクセスバス運行、2016年度も継続

  7. 訪日外客数、花見効果で初の200万人超、単月過去最高…3月

  8. 公共交通の事故被害者への支援計画、2015年度は35社が策定…累計88社

  9. 羽田・成田空港でリフト付リムジンバスを実証運行

  10. 軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

アクセスランキングをもっと見る