【トミカ博14】パトカー100台が滑走…トミカ警察緊急出動に子どもたち熱視線

自動車 ビジネス 国内マーケット

100台のパトカーがダーッと!
  • 100台のパトカーがダーッと!
  • 100台のパトカーがダーッと!
  • 100台のパトカーがダーッと!
  • 実車版「トミカ警察」のトヨタ『86』も展示
  • 100台のパトカーがダーッと!
  • トミカ警察ワールドも再現された
  • 100台のパトカーがダーッと!
  • 実車版「トミカ警察」のトヨタ『86』も展示
8月17日まで幕張メッセで開催されている「トミカ博 in TOKYO」。1日1万人が訪れるという同イベントの今回のテーマは「警察」。親子で課題を解決していく参加型イベントが盛り込まれている。

展示ゾーンで注目を集めていたのは「トミカ警察緊急出動!」というブース。傾斜の付いた10本のレーンを、合計100台のトミカのパトカーたちが駆け抜ける。そのスピードは想像以上に速く、どの車種をベースとしたミニカーかなどを見分けるには、相当の動体視力が要る。

プラレールやトミカワールド、トミカタウンなどを組み合わせたジオラマにパトカーを仕込ませ、「パトカーはなんだいあるかな?」といったゲームにも子どもたちは夢中。東京から来場したという親子は「このジオラマがえらく気に入ったようで、もう30分もこの場を離れないでいる」と話していた。

トミカを展開するタカラトミーのマーケティング担当は、「プラレールに興味を持った子どもたちが、その次に夢中になるのがトミカ。自走するプラレールに対し、ミニカーは自分の手で自由に走らせるという楽しさを知るようだ。9割以上のユーザーが男の子で、このあたりは登場以来変わらない」と話していた。
《大野雅人》

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  2. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

    米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  3. ホンダ、熊本製作所の従業員450人を一時配転

    ホンダ、熊本製作所の従業員450人を一時配転

  4. FCA、アルファロメオとマセラティの新CEOを指名

  5. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  6. 【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

  7. トヨタ自動車、米Uber社とライドシェア領域での協業を検討

  8. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  9. 【NEW環境展16】油だけを吸う高機能油脂吸着材、吸油性能は自重の35倍…日本フォームサービス

  10. 【NEW環境展16】福島の除染で活躍した高圧洗浄車、空港への導入狙う新型

アクセスランキングをもっと見る