トヨタ 86、連続ドリフト走行のギネス世界新記録…144.126km

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

トヨタ自動車のFRスポーツカー、『86』。同車を使って、連続ドリフト走行のギネス世界新記録が打ち立てられたことが分かった。

これは、ギネス・ワールド・レコードが明らかにしたもの。「7月15日、トルコ黒海地方のサムスンにおいて、トヨタ86が144.126kmの連続ドリフト走行に成功した」と発表している。

この距離は、2013年5月にBMW『M5』が打ち立てた82.5kmの連続ドリフト走行記録を、およそ62kmも上回るギネス新記録。

トヨタ86のドライバーは、ドイツ人のHarald Muller 氏。1周235.5mの特設コースを612周、連続でドリフト走行。2時間25分18秒かけての記録達成となった。

なお当日は、1回目の挑戦で失敗したものの、2回目の挑戦で見事に成功。欧州ドリフト選手権の審査員を務めるGorkem Cosgun氏がオブザーバーとして立ち会い、ギネス新記録と認定されている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品