【鈴鹿8耐】ラスト40分、S字でエヴァ含む3台が転倒

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

すでに3度のセーフティカーが投入されている波乱の今大会だが、ラスト40分で今一度のセーフティカーが投入された。

3度目のセーフティカーが解除されレースが再開した直後、S字コーナーでNo.01 EVA RT TEST TYPE-01SynegyForceTRCKSTAR『ZX-10R』の井筒仁康とTEAM FLEMBBO LEADER TEAM『ZX-10R』のローレント・デリーニがクラッシュした。

さらに、両車の処理をしている最中に、Team Hashimotogumi AKENO SPEED『GSX-R 1000』の稲垣誠がS字で転倒した。

3車はかろうじて戦列に復帰、完走を目指している。
《瓜生洋明》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品