【鈴鹿8耐】レジェンド オブ ヨシムラ 青木、序盤で大クラッシュ…シュワンツ・辻本の戦い終わる

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

突然の大雨で1時間5分の順延の後スタートしたレースで、開始15分後にまさかの事態が起きた。

4位につけていたレジェンド オブ ヨシムラ スズキ シェル アドバンス レーシング チームの青木宣篤は、前方を走るヨシムラ スズキ シェル アドバンス レーシング チームの津田拓也を追っていた。

老練の走りで津田をパスしようとした130Rで、まさかのオーバーラン。超高速でセーフティーゾーンへと突っ込んだ。

マシンは大破。青木は自力で立ち上がったものの身体を痛めた様子。レジェンド オブ ヨシムラ スズキ シェル アドバンス レーシング チームのケビン・シュワンツと辻本聡は決勝を走ること無く2014年の鈴鹿8耐を終えた。
《瓜生洋明》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品