【宇宙博2014】アポロ17号太平洋上帰還時のパラシュート、爆問田中も「汚れがリアル」

宇宙 エンタメ・イベント

「SPACE EXPO 宇宙博 2014 NASA・JAXAの挑戦」(千葉・幕張メッセ、7月19日~9月23日)では、1972年12月19日に太平洋上に着水したアポロ17号司令船のパラシュートが展示されている。

1960年にNASAが計画を始めたアポロ月面着陸。アポロ17号は、大気圏への再突入後、パラシュートを展開して速度を緩め、太平洋上の海水に着水し無事帰還した。

宇宙博2014で展示されているパラシュートは、実際に使用された3つのうちのひとつ。同イベントの公式サポーターである爆笑問題の田中裕二は、「僕が衝撃をうけたのは、アポロ帰還のパラシュート。あの汚れがリアルですごい!」と話していた。

また、そのパラシュートと組む司令船(CM、Command Module)の訓練シュミレーターや、司令船のハッチの実物大レプリカで再現されている。訓練シュミレーターは、内部も忠実に再現され、さまざまな計器・スイッチ類に囲まれた狭い空間がうかがえる。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

    JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

  2. 宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

    宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

  3. JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

    JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

  4. ジャパンホームシールド、JAXAと月面でも利用可能な地盤調査技術を共同研究

  5. ロケット打ち上げ価格を100分の1に…スペースX、完全再使用ロケットを3月実証へ

  6. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  7. JAXA、「はやぶさ2」のミッションロゴを青系統に変更…スイングバイ成功を機に

  8. 国立科学博物館「はやぶさ」が採取した小惑星イトカワの微粒子を展示 光学顕微鏡で実物を拡大表示

  9. スカパーJSAT、通信衛星「JCSAT-15/16」を2016年度上期に打ち上げへ

  10. 東京五輪100万人の観光客向けナビゲーション、準天頂衛星を活用

アクセスランキングをもっと見る