脱法ハーブ購入後すぐに使用して事故、逮捕の男に記憶なし

自動車 社会 社会

10日午後3時50分ごろ、兵庫県加古川市内の国道250号で、低速で中央分離帯に接触しながら走行する不審な乗用車をパトロール中の警官が発見した。運転していた22歳の男は意識朦朧の状態で、警察は脱法ハーブを使用したものとして、現行犯逮捕している。

兵庫県警・加古川署によると、現場は加古川市野口町長砂付近で片側3車線の直線区間。乗用車は4-5km/hの速度で中央分離帯への接触を繰り返しながら走行していた。

現場をパトカーで通りかかった同署員が発見して抑止。運転していた姫路市内に在住する22歳の男は意識が朦朧とした状態で、ハンドルに顔を突っ伏して会話もできない状態だった。警察では極度の過労状態と判断し、道路交通法違反(過労運転禁止)の現行犯で逮捕している。

クルマからは脱法ハーブとみられる植物片が発見されており、後の事情聴取で男は「現場近くのハーブ店で購入し、駐車場ですぐに吸った」、「事故の記憶は無い」などと供述。現場から約50m離れた場所にはハーブを販売している店があり、警察は男がこの店で購入したものとみて、家宅捜索を実施するとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

    高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

  2. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

    地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

  3. 貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

    貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

  4. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  5. タクシーへ追突する事故を故意に起こし、仲間が売上金を盗み出す

  6. 車線変更してきたクルマと接触、バス車内で転倒の5人負傷

  7. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  8. 走行460万kmのメルセデスベンツ!! 博物館に寄贈

  9. 【ロードサービス徹底比較】JAF vs 11社…かしこい選択は?

  10. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

アクセスランキングをもっと見る