【ヤマハ MT-07 発表】開発陣が込めた理想のバイク像…基本性能を底上げする“軽さ”

モーターサイクル 新型車

ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07
  • プロジェクトリーダーを務めたヤマハ発動機 PF車両開発ユニット SP開発部 設計グループ主務の白石卓士郎氏
  • ヤマハ MT-07 発表会
  • ヤマハ MT-07 発表会
  • ヤマハ MT-07 発表会
  • ヤマハ MT-07 発表会
ヤマハ発動機は、8月20日より新型スポーツバイク『MT-07』の販売を開始する。4月に販売を開始した『MT-09』の弟分として、ヤマハの大型スポーツの入門モデルという役割も担う。

MT-07は、完全新設計のスポーツモデルだ。このバイクを作り上げるために開発陣がキーワードにしたのは「わくわく感」。それを突き詰めることから開発がスタートしたと、プロジェクトリーダーを務めた白石卓士郎氏は言う。

「理想のバイクって何だろう? 開発者がぽろっと漏らした、その素朴な疑問からスタートしました。バイクという乗り物はどんなモデルでもわくわく感(エモーション)が味わえる。その感覚は果たしてどこからくるのか、そのために必要なものは何かを徹底して突き詰めました」(白石氏)。

続けて「現代のバイクは昔に比べて複雑になっていないか。バイクに乗るという基本的なことが難しくなっていないか。例えば電子制御スロットル、公道を通常走行するのに必要以上の高剛性なフレームは必要だろうか」と白石氏は語った。

そして導きだしたひとつの回答。それが“軽量”ということだった。白石氏によると「“軽い”というだけでバイクの基本性能(走る・曲がる・止まる)が底上げされ、同時にバイクとの一体感も得やすくなる。これが“わくわく感”の向上につながると考えました」とのこと。

MT-07は、装備重量179kg(ABS非装着車)。白石氏は「軽量ということは、加工コスト、そして物流コストの削減にもなる。結果、求めやすい価格の実現につながった」とコメントした。

同車の価格は、ABS非装着車で69万9840円、ABS装着は74万9520円。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

    ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

  2. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…アイドリングは850

    ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…アイドリングは850

  3. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

    ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  4. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  5. カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

  6. ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

  7. BMWモトラッド、白馬でミーティングイベントを開催…8月27日・28日

  8. 【東京モーターサイクルショー16】ヴィクトリー オクテイン、日本初公開…水冷エンジン搭載

  9. 4速ATで気軽に乗れる FX110、輸入販売開始…前後21インチホイール採用

  10. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら