ヤマハ MT-09、年間販売目標を4000台に上方修正…コアなモーターサイクルファンの獲得成功

モーターサイクル 新型車

ヤマハ発動機は、今年2月に発売した大型スポーツバイク『MT-09』の年間販売目標台数を1500台から4000台に引き上げた。

同社営業企画部、商品企画グループの宮本義信氏は「MT-09の販売状況は、マーケティング通りの、コアなモーターサイクルファン獲得の成功もあって非常に好調。現在はバックオーダーを抱えるほどに至っている」とコメント。

宮本氏は続けて「年間販売計画を1500台から4000台に上方修正した。供給体制も整え、8月20日に販売を開始する(同シリーズの)MT-07と合わせ、積極的に販売を継続する」と語った。

納車待ちの期間は「現在は、およそ2か月程(宮本氏)」とのこと。
《阿部哲也》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品