【ヤマハ MT-07 発表】「バイクのわくわく感を若者に」MT-09 の弟分の役割とは

モーターサイクル 新型車

ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07(左)とMT-09(右)
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07 オプション装着車(参考)
ヤマハ発動機が7月7日に発表した大型スポーツモデル『MT-07』は、今年4月に登場した『MT-09』の弟分。MT-09では取り込めないユーザーを獲得する重要な役割があると、商品企画部の森屋晋吾氏は言う。

森屋氏によるとMT-09は「ベテランライダーをはじめとした、コアなモーターサイクルファン向けのモデル」とコメント。MT-09に対するMT-07の役割を「MT-09ではなし得なかった、若者への訴求をはじめ、ビギナー、リターンライダー、女性といった幅広い層をターゲットユーザーとしている」とコメントした。

開発の背景には、ライダー人口の現状も関係していると森屋氏は話す。「軽二輪市場が活性化しているとともに、ライダー人口の高齢化も進んでいる。そこで、弊社では“若者が憧れるマシン”の市場投入が必要と判断した」。

MT-07のコンセプトは“わくわくできるバイク”。森屋氏は「わくわくできるからこそバイクは楽しい。若者の心に訴える、そのわくわく感を突き詰めるために、デザインからエンジン、車体構成に至るまで徹底的に議論を重ねた」と語った。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 「ジェントルマンズ ライド」日本初開催---トライアンフが支援 9月25日

    「ジェントルマンズ ライド」日本初開催---トライアンフが支援 9月25日

  2. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

    ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

  3. 携帯ショップがバイク事業に参入…テルル

    携帯ショップがバイク事業に参入…テルル

  4. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…アイドリングは850

  5. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  6. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  7. カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

  8. バイクの魅力は「風や自然を感じる爽快感」…3人に1人が回答

  9. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

  10. カワサキ ZRX1200 DAEG、生産終了へ…ファイナルエディション発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら