【ヤマハ MT-07 発表】「バイクのわくわく感を若者に」MT-09 の弟分の役割とは

モーターサイクル 新型車

ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07(左)とMT-09(右)
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ MT-07 オプション装着車(参考)
ヤマハ発動機が7月7日に発表した大型スポーツモデル『MT-07』は、今年4月に登場した『MT-09』の弟分。MT-09では取り込めないユーザーを獲得する重要な役割があると、商品企画部の森屋晋吾氏は言う。

森屋氏によるとMT-09は「ベテランライダーをはじめとした、コアなモーターサイクルファン向けのモデル」とコメント。MT-09に対するMT-07の役割を「MT-09ではなし得なかった、若者への訴求をはじめ、ビギナー、リターンライダー、女性といった幅広い層をターゲットユーザーとしている」とコメントした。

開発の背景には、ライダー人口の現状も関係していると森屋氏は話す。「軽二輪市場が活性化しているとともに、ライダー人口の高齢化も進んでいる。そこで、弊社では“若者が憧れるマシン”の市場投入が必要と判断した」。

MT-07のコンセプトは“わくわくできるバイク”。森屋氏は「わくわくできるからこそバイクは楽しい。若者の心に訴える、そのわくわく感を突き詰めるために、デザインからエンジン、車体構成に至るまで徹底的に議論を重ねた」と語った。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

    ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  2. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…Team KAGAYAMAは浦本が絶好調

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…Team KAGAYAMAは浦本が絶好調

  3. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  4. 中学生のマイナー競技にもスポットライトを...馳浩文科相

  5. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…F.C.C. TSR Hondaは世界耐久タイトルねらう

  6. カワサキ Ninja H2R、斬新かつ機能的デザインで「発明賞」

  7. 軽二輪車中古車販売台数、3年連続マイナス 2016年上半期

  8. 【バイクの日】秋葉原で車両展示やアニメ「ばくおん!!」ステージ

  9. 限定5万台を実質棚上げ 応募殺到でキャンペーン継続中...二輪車ETC助成

  10. 【夏休み】バイクの遊園地…KTMがオフロードユーザー向けイベント

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら