人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

JAXA、GPM主衛星による大型台風8号観測映像を公開

宇宙 科学

GSMaPで公開された2014年7月3日~7日の3時間毎の台風の動きを示す動画より。
  • GSMaPで公開された2014年7月3日~7日の3時間毎の台風の動きを示す動画より。
  • 2014年7月7日15時41分頃(日本時間)TRMMとGPM主衛星が、同時に台風8号を観測
  • 2014年7月5日4時27分頃(日本時間)GPM主衛星DPRによる観測
2014年7月8日、JAXA 宇宙航空研究開発機構は、地球観測研究センター(EORC)サイトで全球降水観測計画 GPM主衛星が観測した台風8号の観測画像を公開した。

衛星全球降水マップ『GSMaP』に掲載された画像では、日本時間2014年7月3日から7月7日にかけて台風8号が沖縄諸島に接近する3時間ごとの画像をアニメーション化した映像が公開されている。

7月7日15時41分ごろには、GPM主衛星の二周波降水レーダ「DPR」、熱帯降雨観測衛星のレーダ「PR」、水循環変動観測衛星『しずく(GCOM-W1)』搭載のマイクロ波放射計2(AMSR2)が同時に台風8号を観測した。TRMM、GPM主衛星のデータ共に、台風の目の周囲では10km以上の高いところから背の高い降雨が観測されている。

3衛星の同時観測より2日前、GPM/DPRが観測した7月5日4時27分ごろの台風8号の断面と雨の強さを示す画像では、降水(雨)の高さ方向の分布は最も高いところで高度14kmを越えている。JAXAが6月末に公開したGPM/DPRによる6月14日の降水では、亜熱帯では降雨の背が高いという特徴を示す画像でも雨の高さは10kmほどだった。

JAXA 地球観測研究センターでは、観測から4時間後の世界の雨分布をGSMaPで公開している。

また、現在はTRMM/PRとGCOM-W1/AMSR2の台風観測画像を公開しているEORC 台風速報ページでGPM/DPRの画像も追加する予定だ。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXAの閉鎖環境試験に2900人の応募…長期宇宙滞在について

    JAXAの閉鎖環境試験に2900人の応募…長期宇宙滞在について

  2. 産業総合総合研究所 LANDSAT8号地球観測画像の無償・即時公開を開始

    産業総合総合研究所 LANDSAT8号地球観測画像の無償・即時公開を開始

  3. ISS補給機「こうのとり」6号機の打ち上げ延期…配管に不具合

    ISS補給機「こうのとり」6号機の打ち上げ延期…配管に不具合

  4. NASA、宇宙探査機「オシリス・レックス」打ち上げ業務を発注…総額は約180億円

  5. アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

  6. X線天文衛星「ひとみ」の後継機を2020年に打ち上げへ…JAXA

  7. 宇宙下着技術を応用して消臭ソックスを開発・販売へ

  8. アルマ望遠鏡で巨大ブラックホールに吸い込まれるガス雲の様子を初観測

  9. スペースX、ファルコン9ロケット打ち上げ失敗

  10. スペースX、スカパーJSATの通信衛星JCSAT-16の打ち上げ成功

アクセスランキングをもっと見る