ヤンマー、セーリング470級オリンピック日本代表強化選手を支援

船舶 エンタメ・イベント

ヤンマーは7月8日、プレミアムブランド戦略の柱の一つであるスポーツコミュニケーションを通じたブランディング活動を推し進めるため、セーリング競技470級でオリンピック出場を目指す、『TEAM ICHINO』への支援を開始すると発表した。

TEAM ICHINOは、オリンピック強化選手に指定されている市野直毅選手と外薗潤平選手の2名で編成されるセーリングチーム。現在、国内はもちろん、海外で行われるレースを中心に精力的に参戦し、2016年リオデジャネイロオリンピックの日本代表選出を目指している。

更に、2020年東京オリンピックでの金メダル獲得を目標に掲げ、世界の強豪がひしめく国際レースの舞台へその活動の中心を広げようとしている。

セーリングは風や波など自然の力を利用して行うエコスポーツ。地球環境との調和を目指し、環境対応技術の高度化を追求し続ける同社は、世界的に有名なレジェンドセーラー・ピーター・ギルモア氏が率いた「Yanmar Racing」(2008年~2012年)や第33回、34回America’s Cupの覇者「Oracle Team USA」(2013年~)へのスポンサーシップを通じて、セーリングスポーツのサポートを続けてきた。

今回、セーリング界の次代を担う世代の夢と挑戦に共感し、共に世界を、そして次のプレミアムフィールドを目指すべく、TEAM ICHINOへの支援を決定した。

TEAM ICHINOとしての初戦は、7月9日(現地時間)からギリシャで開催されるヨーロッパ選手権。

セーリング470級クラスは、全長470cmの「ディンギー」という二人乗りの小型ヨットで行われる競技。舵取りを担当する「スキッパー」とヨットの傾き調整を担当する「クルー」により、海面に設置されたブイを回りゴールする順位を競う。数あるヨット競技の中でも、欧米人に比べ小柄な体格の日本人に最も適した種目といわれている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 軍艦の“縦列係留”、防空壕、廃線跡…日本海唯一の軍港都市・舞鶴[フォトレポート]

    軍艦の“縦列係留”、防空壕、廃線跡…日本海唯一の軍港都市・舞鶴[フォトレポート]

  2. 海上保安庁、伊勢志摩サミットに向けて海上警備準備本部を設置

    海上保安庁、伊勢志摩サミットに向けて海上警備準備本部を設置

  3. ヤマハ発動機、「マリンカーニバル2016」にフラッグシップスポーツボートなどを出展

    ヤマハ発動機、「マリンカーニバル2016」にフラッグシップスポーツボートなどを出展

  4. 日本の豪華大型クルーズ船が名古屋ガーデンふ頭に同時入港でイベント開催…5月31日

  5. 視察船「新東京丸」による東京港見学会、土曜日に定期開催

  6. 【ジャパンボートショー16】ヤマハ発動機 SR-X24 …変幻自在のマリンプレイが楽しめる次世代マルチボート

  7. 千葉・船橋港で「しらせ」に乾杯…南極観測船と北極印のビールを[フォトレポート]

  8. 舟運社会実験「横浜=羽田=水道橋」の有料乗船参加者を募集…新船「Jetsailor号」が就航

  9. 秋葉原=羽田空港=横浜間の舟運社会実験、有料乗船参加者を募集

  10. 三菱重工、世界初、閉鎖式燃料電池システムを使った海中への電力供給に成功

アクセスランキングをもっと見る