盗まれた コルベット、33年ぶりにオーナーの元へ…GMが輸送に協力 | レスポンス(Response.jp)

盗まれた コルベット、33年ぶりにオーナーの元へ…GMが輸送に協力

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ジョージ・タリーさんと愛車の1979年式シボレーコルベット
  • ジョージ・タリーさんと愛車の1979年式シボレーコルベット
  • ジョージ・タリーさんと愛車の1979年式シボレーコルベット
  • ジョージ・タリーさんと愛車の1979年式シボレーコルベット
米国を代表するスポーツカー、GMのシボレー『コルベット』。米国で33年前に盗まれたコルベットが、無事にオーナーの元へ戻り、話題になっている。

この1979年式コルベットのオーナーは、ジョージ・タリーさん(71歳)。今から33年前の1981年6月、米国ミシガン州デトロイトの路上で、愛車のコルベットが車両盗難の被害に遭った。

車は見つからず、すっかり諦めていた彼の元に、喜びの情報が届けられたのは、33年後。保険会社が、彼のコルベットがミシシッピ州で発見されたことを伝えたのだ。

このニュースを聞いたのが、GMのマーク・ルース上級副社長。同副社長は、ミシシッピ州からミシガン州デトロイトまで、このコルベットを輸送することを申し出た。33年前のコルベットの盗難場所が、GMの本社ビルから約5kmしか離れていなかったことも、関係がある。

そして7月1日、GMの本社ビルにおいて、ジョージ・タリーさんにコルベットが引き渡された。33年ぶりに愛車と対面したジョージ・タリーさん、「車が見つかったと聞いたときは、本当にラッキーだった。走行距離は7万5000kmで、走行できる状態と聞き、引き取ることに決めたんだ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品