盗まれた コルベット、33年ぶりにオーナーの元へ…GMが輸送に協力

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ジョージ・タリーさんと愛車の1979年式シボレーコルベット
  • ジョージ・タリーさんと愛車の1979年式シボレーコルベット
  • ジョージ・タリーさんと愛車の1979年式シボレーコルベット
  • ジョージ・タリーさんと愛車の1979年式シボレーコルベット
米国を代表するスポーツカー、GMのシボレー『コルベット』。米国で33年前に盗まれたコルベットが、無事にオーナーの元へ戻り、話題になっている。

この1979年式コルベットのオーナーは、ジョージ・タリーさん(71歳)。今から33年前の1981年6月、米国ミシガン州デトロイトの路上で、愛車のコルベットが車両盗難の被害に遭った。

車は見つからず、すっかり諦めていた彼の元に、喜びの情報が届けられたのは、33年後。保険会社が、彼のコルベットがミシシッピ州で発見されたことを伝えたのだ。

このニュースを聞いたのが、GMのマーク・ルース上級副社長。同副社長は、ミシシッピ州からミシガン州デトロイトまで、このコルベットを輸送することを申し出た。33年前のコルベットの盗難場所が、GMの本社ビルから約5kmしか離れていなかったことも、関係がある。

そして7月1日、GMの本社ビルにおいて、ジョージ・タリーさんにコルベットが引き渡された。33年ぶりに愛車と対面したジョージ・タリーさん、「車が見つかったと聞いたときは、本当にラッキーだった。走行距離は7万5000kmで、走行できる状態と聞き、引き取ることに決めたんだ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 『グランツーリスモSPORT』は新しいモータースポーツの提案 ― FIAとの連携秘話も

    『グランツーリスモSPORT』は新しいモータースポーツの提案 ― FIAとの連携秘話も

  2. 【レッドブル・エアレース 第3戦】「空のレースクイーン」ナンバーワンは誰だ!? 人気投票開催

    【レッドブル・エアレース 第3戦】「空のレースクイーン」ナンバーワンは誰だ!? 人気投票開催

  3. 【レッドブル・エアレース 第3戦】史上初、空のレースクイーンが登場…コスチュームは“CA風”?

    【レッドブル・エアレース 第3戦】史上初、空のレースクイーンが登場…コスチュームは“CA風”?

  4. トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

  5. 【新聞ウォッチ】伊勢志摩サミットあす開幕、MRJ、ミライ、クラリティもお披露目

  6. 2017年のロッシのチームメイトはヴィニャレスか!? 鈴鹿8耐にザルコ登場の可能性

  7. 日産 GT-R、304.96km/hで高速ドリフト…ギネス新記録の瞬間[動画]

  8. 【JNCC 第4戦】神業の激速ダウンヒルで、斉木達也が今季2勝目

  9. 【新聞ウォッチ】三菱自の開発部門テコ入れ、日産の山下光彦元副社長に白羽の矢

  10. 【レッドブル・エアレース 第3戦】ガーミン、公式アクションカメラパートナーとしてサポート

アクセスランキングをもっと見る