盗まれた コルベット、33年ぶりにオーナーの元へ…GMが輸送に協力

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ジョージ・タリーさんと愛車の1979年式シボレーコルベット
  • ジョージ・タリーさんと愛車の1979年式シボレーコルベット
  • ジョージ・タリーさんと愛車の1979年式シボレーコルベット
  • ジョージ・タリーさんと愛車の1979年式シボレーコルベット
米国を代表するスポーツカー、GMのシボレー『コルベット』。米国で33年前に盗まれたコルベットが、無事にオーナーの元へ戻り、話題になっている。

この1979年式コルベットのオーナーは、ジョージ・タリーさん(71歳)。今から33年前の1981年6月、米国ミシガン州デトロイトの路上で、愛車のコルベットが車両盗難の被害に遭った。

車は見つからず、すっかり諦めていた彼の元に、喜びの情報が届けられたのは、33年後。保険会社が、彼のコルベットがミシシッピ州で発見されたことを伝えたのだ。

このニュースを聞いたのが、GMのマーク・ルース上級副社長。同副社長は、ミシシッピ州からミシガン州デトロイトまで、このコルベットを輸送することを申し出た。33年前のコルベットの盗難場所が、GMの本社ビルから約5kmしか離れていなかったことも、関係がある。

そして7月1日、GMの本社ビルにおいて、ジョージ・タリーさんにコルベットが引き渡された。33年ぶりに愛車と対面したジョージ・タリーさん、「車が見つかったと聞いたときは、本当にラッキーだった。走行距離は7万5000kmで、走行できる状態と聞き、引き取ることに決めたんだ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【SUPER GT】レクサス LC500…来季は規則で速度抑制も、開発の永井氏「速くするのが仕事」

    【SUPER GT】レクサス LC500…来季は規則で速度抑制も、開発の永井氏「速くするのが仕事」

  2. 【SUPER GT】レクサスの17年GT500クラス新車は LC500 …鈴鹿で初公開

    【SUPER GT】レクサスの17年GT500クラス新車は LC500 …鈴鹿で初公開

  3. 【新聞ウォッチ】全日空の「B787」、英ロールス・ロイス製エンジン不具合で350便欠航へ

    【新聞ウォッチ】全日空の「B787」、英ロールス・ロイス製エンジン不具合で350便欠航へ

  4. 【SUPER GT】脇阪寿一監督らが鈴鹿で地域交流フットサル大会を実施

  5. 【MotoGP 第15戦日本】事前PRイベントでバイクTV番組公開収録…9月11日 渋谷

  6. レクサスで行くネスレマッチプレーレクサス杯観戦ツアー、特別な3日間

  7. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

  8. 【MotoGP 第15戦日本】今年は金曜日から! バイク芸人ら3日間の観戦を熱望!!

  9. マクラーレンのPHVスーパーカー、P1 で通勤…日本人弁護士[動画]

  10. ZF、ヴェンチュリー フォーミュラEチームとテクニカルパートナーシップを締結

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら