ヤマハ、初の三輪ATバイク トリシティ 発売…35万6400円、小自二免許が必要

モーターサイクル 新型車

ヤマハは同社初の三輪ATバイク トリシティMW125を発売した。タレントの大島優子さん(左)と柳弘之ヤマハ発動機社長(右)
  • ヤマハは同社初の三輪ATバイク トリシティMW125を発売した。タレントの大島優子さん(左)と柳弘之ヤマハ発動機社長(右)
  • ヤマハは同社初の三輪ATバイク トリシティMW125を発売した
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハ トリシティ MW125
ヤマハ発動機は、同社初の市販三輪ATバイク『トリシティ MW125』を9月10日より発売する。

トリシティ MW125は、「ニュースタンダード シティコミューター」のコンセプトのもとLMW(Leaning Multi Wheel)製品の第1弾として開発、AT二輪車と同様の扱い易い運転操作性を備えた新しいモビリティだ。

トリシティは「ピアジオMP3」同様、フロント二輪、リア一輪の三輪モデル。旋回時にフロント二輪が車体と同調してリーン(傾斜)するヤマハ独自のLMW機構を採用し、軽快でスポーティなハンドリングと安定感を実現している。

外観は、「SMART FOR ALL」をデザインコンセプトにエレガントで“モダンなスタイルとした。流麗なボディライン、フロントニ輪を強調したフェンダーまわり、ライダーを包み込むようなインナーパネルなどが特徴だ。

パワーユニットは水冷124cc FIエンジンを搭載。最高出力11ps、最大トルク10N・mを発揮し、発進~低速ではスムーズな、中~高速度域では伸びのある滑らかな走行を実現する。

価格は35万6400円。なお、車両区分は原付二種となり、運転には小型限定普通二輪車(AT含む)免許以上が必要となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

    ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

  2. カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

    カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

  3. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

    【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  4. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  5. ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

  6. 【東京モーターサイクルショー16】ヴィクトリー オクテイン、日本初公開…水冷エンジン搭載

  7. BMWモトラッド、白馬でミーティングイベントを開催…8月27日・28日

  8. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

  9. 4速ATで気軽に乗れる FX110、輸入販売開始…前後21インチホイール採用

  10. 東武線で「西武」ヘッドマーク列車 8月24日から運転

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら