ヤマハ、初の三輪ATバイク トリシティ 発売…35万6400円、小自二免許が必要

モーターサイクル 新型車

ヤマハは同社初の三輪ATバイク トリシティMW125を発売した。タレントの大島優子さん(左)と柳弘之ヤマハ発動機社長(右)
  • ヤマハは同社初の三輪ATバイク トリシティMW125を発売した。タレントの大島優子さん(左)と柳弘之ヤマハ発動機社長(右)
  • ヤマハは同社初の三輪ATバイク トリシティMW125を発売した
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハ トリシティ MW125
  • ヤマハ トリシティ MW125
ヤマハ発動機は、同社初の市販三輪ATバイク『トリシティ MW125』を9月10日より発売する。

トリシティ MW125は、「ニュースタンダード シティコミューター」のコンセプトのもとLMW(Leaning Multi Wheel)製品の第1弾として開発、AT二輪車と同様の扱い易い運転操作性を備えた新しいモビリティだ。

トリシティは「ピアジオMP3」同様、フロント二輪、リア一輪の三輪モデル。旋回時にフロント二輪が車体と同調してリーン(傾斜)するヤマハ独自のLMW機構を採用し、軽快でスポーティなハンドリングと安定感を実現している。

外観は、「SMART FOR ALL」をデザインコンセプトにエレガントで“モダンなスタイルとした。流麗なボディライン、フロントニ輪を強調したフェンダーまわり、ライダーを包み込むようなインナーパネルなどが特徴だ。

パワーユニットは水冷124cc FIエンジンを搭載。最高出力11ps、最大トルク10N・mを発揮し、発進~低速ではスムーズな、中~高速度域では伸びのある滑らかな走行を実現する。

価格は35万6400円。なお、車両区分は原付二種となり、運転には小型限定普通二輪車(AT含む)免許以上が必要となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ベスパ、スプリント150/プリマベーラ125 の2016年モデル発売…新型エンジンとABS搭載

    ベスパ、スプリント150/プリマベーラ125 の2016年モデル発売…新型エンジンとABS搭載

  2. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  3. 川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

    川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

  4. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  5. 二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

  6. 二輪車国内生産、内需減少で4か月ぶりのマイナス…5月

  7. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  8. 【リコール】ヤマハ YZF-R3A など1万5000台、クラッチやオイルポンプに不具合

  9. モトグッツィ、V9ボバー を日本導入…先行受注を開始

  10. 二輪車ETC購入助成、募集期間前半で締め切りの勢い

アクセスランキングをもっと見る