人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【ニュル24時間 2014】アウディ R8が総合優勝、日本勢はトヨタ/レクサス勢が3クラス優勝

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

42回目を迎えたニュルブルクリンク24時間レース。日本時間の22日23時にゴールを迎え、今年も過酷な戦いとなった24時間を走りきったマシンが歓喜のチェッカーを受けた。

総合優勝はSP9 GT3クラスの4号車フェニックス・レーシング(アウディ『R8 LMSウルトラ』)。トータルで159周を走りきった。中盤まで1号車メルセデス『SLS』と20号車BMW『Z4 GT3』と同一周回で、時には抜きつ抜かれつの大バトルも演じたが、17時間を過ぎたあたりから抜け出し、最終的に1号車に3分の差をつけてチェッカーを受けた。2位には1号車、3位には22号車メルセデスSLSが入り、地元ドイツ車が表彰台を独占した。

気になる日本勢は、53号車レクサス『LFA CodeX』(飯田章/脇阪寿一/井口卓人)が大きなトラブルなく周回し総合11位でゴール。参戦8年目の中で最高の成績を収め、SP-PROクラス優勝も飾った。48号車レクサス『LFA』(木下隆之/石浦宏明/大嶋和也/MORIZO)も総合13位でSP8クラスでは2年ぶりのクラス優勝を果たした。86号車トヨタ『86』(影山正彦/佐藤久実/蒲生尚弥)も総合54位でSP3クラス優勝。GAZOO Racingは出場した3台全てがクラス優勝を飾った。今回は急きょ参戦が決まり「MORIZO」でエントリーしたトヨタの豊田章男社長が残り40分を切ったところで48号車のアンカードライバーを担当。53号車の飯田、そして86号車の影山と3台並んで堂々とチェッカーを受けた。

SP9 GT3クラスに参戦した日産 GTアカデミー・チームRJNの日産『GT-RニスモGT3』は、30号車(ミハエル・クルム/田中哲也/星野一樹/千代勝正)が8時間を経過したところでアクシデントに巻き込まれクラッシュ。なんとかピットまで自力で戻ってきたものの、損傷が激しくリタイアとなった。80号車(ニック・ハイドフェルド/アレックス・バンカム/ルーカス・オルドネス/フローリアン・ストラウス)も10番グリッドからスタートし総合優勝に期待がかかったが、序盤からタイヤパンクやクラッシュなどアクシデントが続き、総合24位(SP9 GT3クラス13位)でレースを終えた。また『グランツーリスモ・シリーズ』のプロデューサーである山内一典が乗る24号車シュルツ・モータースポーツの日産『GT-RニスモGT3』は、予選での激しいクラッシュからマシンを修復し、なんとか決勝に参加。24時間通して大きなトラブルなく、総合14位(SP9 GT3クラス11位)で完走した。

そして、今年は新型WRX STIの投入で注目が集まったスバルの118号車(吉田寿博/佐々木孝太/マルセル・ラッセー/カルロ・ヴァン・ダム)は、11時間を経過したところでSP3Tクラスでトップに立ったが、その後アクシデントやトラブルに見舞われ、合計で1時間近くガレージで修復作業を余儀なくされクラス4位まで後退。それでもチーム・ドライバー全員が最後まで諦めずに挽回を試みたが、あと1歩及ばず総合32位(SP3Tクラス4位)でチェッカーを受けた。

また195号車のマツダMX-5はクラッシュでレース序盤にリタイアを喫した。

昨年は大雨によりレースが一時中断するほど大荒れのレースとなってしまったが、今年は最初から最後まで雨が降ることなく、安定したコンディションの中で終始白熱したバトルがコース各所で展開。その中でも日本勢が活躍するニュル24時間となった。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【新聞ウォッチ】三菱自、燃費測定値「いいとこ取り」で ミラージュ など8車種販売自粛へ

    【新聞ウォッチ】三菱自、燃費測定値「いいとこ取り」で ミラージュ など8車種販売自粛へ

  2. シリーズ最新作『グランツーリスモSPORT』2017年内に発売延期

    シリーズ最新作『グランツーリスモSPORT』2017年内に発売延期

  3. 【SUPER GT】今季最終もてぎ連戦、予選は“選手個別”時間形式で実施へ

    【SUPER GT】今季最終もてぎ連戦、予選は“選手個別”時間形式で実施へ

  4. 【新聞ウォッチ】お洒落な街・代官山にクラシックな歴代クラウン大集合

  5. レクサスで行くネスレマッチプレーレクサス杯観戦ツアー、特別な3日間

  6. フェラーリ 1/24モデル×全60号…デアゴスティーニから

  7. 【SUPER GT 第6戦】スバル WRX S4 tS コンセプトを展示

  8. 【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『CLEVER WOLF レースクイーン』

  9. 【新聞ウォッチ】全日空の「B787」、英ロールス・ロイス製エンジン不具合で350便欠航へ

  10. 【新聞ウォッチ】三菱航空機の「MRJ」空調トラブルで2日連続の引き返し

アクセスランキングをもっと見る