キャンピングカーユーザー、キャンプ場のAC電源や野外料理に魅力…日本RV協会調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット

日本RV協会は、4月18日から5月17日にかけて、約340人のキャンピングカーユーザーを対象に、日頃どのようにキャンプ場と関わっているかを調査。その結果を発表した。

調査結果によると、「キャンプ場を使ったことがない」と答えたユーザーが23.8%、「ほとんど使わない」と答えたユーザーが42.9%にのぼり、合わせて66.7%の人がキャンプ場をあまり利用していないという状況が判明した。

キャンプ場をあまり使わないと答えたユーザーに、キャンプ場に対してどのようなイメージを抱いているかを尋ねたところ、「料金が高い」という答えが圧倒的に多く、52.3%という数字を示した。そのほか「高速道路や幹線道路より離れ、アクセスが悪い」(14.1%)、「入退場時間をきっちり守らなければならない」(11.3%)、「ペットを連れていけない」(7.4%)などという答えが上位に並んだ。

一方、キャンプ場を利用したくなるときの気持ちを尋ねると、「AC電源が取れる」(25.4%)という答えを筆頭に、「道の駅などと違い、車外に椅子・テーブルを設定できる」(21.6%)、「バーベキュー、焼き魚など匂いや煙の出る野外料理が楽しめる」(21.6%)、「一般道と仕切られるため夜間のセキュリティーが保証されている」(10.2%)、「子供を車外で遊ばせても安心できる」(4.2%)などの回答が並んだ。

今回の調査では、キャンプ場を利用したことがないキャンピングカーオーナーは多いものの、キャンプ場泊の魅力やメリットをしっかり把握しているユーザーが存在していることも明確になった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

    米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

  2. 三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

    三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

  3. スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

    スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

  4. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】マツダ、G-ベクタリング コントロールなど最新技術を紹介

  6. ブリヂストン米子会社、ベネズエラ事業を売却

  7. BMWの中国新車販売、7.4%減の3.5万台…4月

  8. フォード F-150 先代、北米でリコール…突然1速にシフトダウン

  9. バスタ新宿オープンから1カ月、約58万人が利用

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】NTN、電動モータ・アキュエータシリーズを開発

アクセスランキングをもっと見る