人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ヒュンダイ、サッカーW杯に公式車両を納入…全1021台

自動車 ビジネス 企業動向

ヒュンダイ、サッカーW杯に公式車両を納入…全1021台
  • ヒュンダイ、サッカーW杯に公式車両を納入…全1021台
「2014 FIFAワールドカップ・ブラジル」の開幕まで、あと8日。開幕を控えて、同大会の公式車両が引き渡された。

これは6月4日、ブラジル・サンパウロでの出来事。2014 FIFAワールドカップ・ブラジルの公式パートナーを務める韓国のヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)が、大会で使用する公式車両の引き渡しセレモニーを開催している。

ヒュンダイがFIFAワールドカップ・ブラジルの公式車両として用意したのは、全1021台。参加国32チームの選手団の移動用バスをはじめ、セダンやSUV、コンパクトカーまで幅広い。

乗用車では、最上級サルーンの『エクウス』をはじめ、『ジェネシス』、『アゼーラ』、『ソナタ』を用意。SUVでは、『サンタフェ』と『ツーソン』が揃う。ブラジル市場専用コンパクトカー、『HB20』や商用バンもラインナップ。

引き渡しセレモニーには、ヒュンダイモーターブラジルのウイリアム・リー社長が登壇。「この興奮すべきサッカーイベントの開幕を控え、FIFAの公式パートナーであることを誇りに思う。サッカーをスポンサードすることが、世界の顧客をヒュンダイブランドへと導く重要な役割を担うだろう」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  3. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  4. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  7. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  8. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  9. スズキ、国内販売5か月ぶりのプラス…新型 イグニス など好調 6月実績

  10. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

アクセスランキングをもっと見る