アマゾンで中古車販売を開始…33万円、44万円、55万円の固定価格で

自動車 ビジネス 国内マーケット

アマゾンは、6月3日より、カー&バイク用品ストア内にて、中古車販売事業者であるネクステージによる中古車の販売を開始した。

アマゾンは、中古車本体の取り扱いを開始するにあたり、ネクステージと協力して、オンラインストアでの中古車販売に必要なスキームを構築。品質を徹底して追求し、内外装のコンディションのほか、車体品質情報を詳細に統一表記。消耗品は主要8パーツすべてを新品に交換して提供する。

さらに、登録諸費用・納車整備料・重量税・消費税・自賠責保険料までを含む車体購入に必要な価格の総額をワンプライスで表示することで、ユーザーに分かりやすい、新しい中古車の選び方を提案する。

今回、需要の高い軽自動車、コンパクトカーを中心に国内オールメーカーから約200台を提供。33万円、44万円、55万円というワンプライスで提供するのが大きな特徴だ。

安心してオンライン購入できるよう、車体のタイヤ、ブレーキパッド、バッテリー、エンジンオイルやワイパーブレードなどの主要消耗品8パーツ全てを新品に交換して提供し、納車後1週間以内の返品にも対応する。

支払いは、アマゾンで販売する他の商品同様に、クレジットカードによる決済が可能。

購入後のメンテナンス等は、全国に34拠点あるネクステージ店舗のほか、各メーカーのディーラーで対応する。

また、今回アマゾンでの取り扱い開始を記念したキャンペーンを展開中。購入者100名限定で、ポータブルナビをプレゼントする。

ネクステージは、ネット世代の20代や、中古車販売店が少ない地域に住む人、セカンドカー需要、転勤等で生活の足が必要な人などがターゲットと説明する。今後はオンライン販売事業全体で、3年後に年間3万台の販売目標を掲げる。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品